FC2ブログ

おばあちゃんのひとりごと

Entries

「三歳の童子もこれを識るといえども、八十の老翁なお行じ難し」

  人生は、いってみれば、「邂逅と別離」とに要約される。そして、

  「邂逅」によって与えられた一筋の光明が人間形成に決定的な、

  影響を与える。まして「生涯の師」を得た場合においてやだ。

                      伊藤肇


 そう思いますね。いい人とは?ですが、でも悪い人に会うことがあれば、絶対

に避けることが大事でしょうね。しかし邂逅って素敵よね。

 親鸞聖人様は師の法然との出会いの喜びを「遭ひ難くして、今、遭うを得たり。

聞き難くして、今、聞くを得たり」と、いわれたそうですが、いい人との出会い

とは、ほんと、そうですよね。しみじみと、森信三師のこの言葉が浮びます。


    人間は一生のうち

    逢うべき人には必ず逢える。

    しかも一瞬早すぎず、

    一瞬遅すぎない時にー――

                   森信三


 出会いとは、そういうものだと思うのです。友やら知人やらを考えたらね。

 いろいろと、なんだかね。悪い人というか出会うと悪い運までも引きこむ

だろうし、いい運がきてほしいしそういう人でありたいですね。いつもそう

おもうのです。いい友でありたいと~~ね。ふふふ。

 この小泉信三師の気持が好きです。そういう心で家族を守りたいですよね。


    自分のできる範囲で周囲の人を幸福にすることに役立ちたい

    と思っている。

    妻子は勿論、親戚,朋友、知人の為に自分の在ることが少し

    でも役立つようでありたいものだと願っている。どんな社会

    が人を幸福にするかしないかの問題はつねに念頭にある。

                   小泉信三


 そうですよね。そういう心がいいですよね。私も努力したいな。なかなかね。


          *


    ☆ いつも思う ☆

          フェアリーグランマ


    いい人になりたい

    だけど

    なかなかなっていないんだもん


    自分で自分がいやになっちゃう

    だけど

    いつもいい人になりたいなと思う


    きっと いつかは

    いい人になれるかなぁ

    そう考えているのです


    そうしてひとり笑ってるのです


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  人間学

                 伊藤肇 著


  八十の老翁なお行(ぎょう)じ難し


 全日空相談役の岡崎嘉平太は「知機心自閑」<機を知れば心自(おのずか)ら

閑(しずか)なり>という文句で原理原則を説明する。「機」とは原理原則のこ

とで、それさえ抑えておれば、人生のことは、いかなる複雑な事件に出くわして

も、それにふりまわされることがなく、心は常に閑である。というその「偉大な

る常識」を完全に消化し、実践する、ということは口でいうほど簡単なことでは

ない。


 こんな話はどうか。


 詩聖といわれた白楽天がちょうか和尚をとらまえて「善の真髄いかん!?」と

問うと「しょあくまくさ、しゅぜんぶぎょう」と答えた。

 「わるいことはしなさんな。いいことはやりなされ」

 からかわれたと思った白楽天は、いささかむっとして「そんなことは百も承知

だ。当たり前のことじゃないか」と口をとんがらせた途端に和尚にに一渇された。

「三歳の童子もこれを識るといえども、八十の老翁なお行じ難し」

 大詩人はいたく赤面したとある。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 なんだか、はっとしますよね。わかっていても、まわりのいろいろで、流され

てしまったりね。よいことをしたいと気持ちはあってもね。ごみひとつひろうで

も~~なかなか素直になれない自分がいて恥ずかしいわ。小さい子の方が素直で。



短歌


 老い一人我慢や気遣い消していた束の間というも人生果てなし


俳句


 秋の日は釣瓶落としやそのとおり


川柳


 いつまで生きいついけるやらわからず幸




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽