FC2ブログ

おばあちゃんのひとりごと

Entries

「今日のために、今、頑張れ!」であり「今の喜びなくして、なんの人生ぞ」です。

 自分のことしか考えない人は、

 苦しみのうちに人生を終えます。

 他人のことしか面倒を見ない人は、

 考えなくても自分の面倒も見ています。

             ダライ・ラマ14世


 そうなんでしょうね。


 今日はいい一日でした。朝ひとりゆえ、いつものイケメン店長さんの店

に久しぶりに行こうか?迷いつつ、やはりやめようと家に戻るところで、

親友から電話が入る。

「歯医者に行ったら、先生が病気になってしまってね。予定狂ったで~~」

「まぁまたなのね?私は嬉しいけど。ごめん。うん、待っているわ」

「そうよ。嫌になっちゃうよ。ランチしようね。行くね」

「待っているわ。うれしい」

 二人で近くを散歩しながら歩き、お好み焼き屋さんで二人で食べながら、

この間のお葬式のいろいろを話してくれたので、ありがたかった。今朝は、

もうひとりの親友からもお葬式の話をしてくれる電話があり、いろいろと

彼女の思い出をランチしながら思い出していました。

 そうして二人で歩きながら駐車場まで。彼女は今日はこれだけ歩けば、

「今日は良く歩けたわ」と言って帰っていった。ありがたいいい友です。


 そして夕方文房具屋さんが3の日で、3割引なので買い物がしたくて外に

出たらお隣の奥様にお会いした。ひとり居で私よりもお年は多い奥様だ。

「お久しぶりですね。お出かけなの?どこへゆくの?」

「主人のところね~~今から行こうと思ってね」

「そうかぁ今は歩いていけるの~~いいわね」

「そう、かわったんです。近くてありがたいわ」

 介護ホームを近くにかわられたようで、よかったこと。

 そしてずーと話しながら途中まで~~いろんな話のなかで彼女は言う。

「あなたのことパソコンで調べるとでてくるわよ?」

「エッ私のこと?本人が知らないのに~~?いやよねェ~~」

「そうだよね。短歌・川柳とかよ・・・・載っているわよ」

(私の事なんて検索しないでよ~~と言いたいけど~~諦めた?)


 ですって?!?

 わたしがブログをやっているということは、話したけれども見られない。

詳しくは話してない。だからブログは見れないけど~~不思議。



    *


 ☆ 自分が悪いんだ ☆

       フェアリ-グランマ


  なんとなく

  生きてきてしまった

  つまらない生き方

  ひとり思う


  なんとなくだっていいけど

  もう少し大事なときに

  考える人でありたかった

  ひとりいま思う

 

  一瞬を大事に

  気がつかないと

  いまを喜び

  いまがんばろう


-------------------------------------------------------------------------------

 縛られず、こだわらず、愉快に

                 尾関宗園 著


 将来なんて考えるのはアホ

 その場、その場で死んでいけ


 平常心というのは、死んでからでもなお生きているときと同じようにやって

いけるということで、「死ぬまで頑張る」なんていう人と付き合ったらダメで

す。そんな人には、「今、頑張らずに。いつ頑張る」といいたい。私の人生は

まさに、「今日のために、今、頑張れ!」であり、「今の喜びなくして、なん

の人生ぞ」です。


 心の貧しい人間は 昨日のために働き

 心の豊かな人間は 明日のために働く

 そして心のすわった人間は 今日のために働く


 明日のために、将来のためにする勉強なら、今しなくても、明日で間に合う。

今、ただ今のために大切な時間だから、今、頑張るのです。

 将来なんてないのであって、今があるだけです。その場その場がチャンスで、

ご縁を得たら「ここがチャンス、今こそがチャンスだ!」と、喜びをもって死

んでいかなければなりません。

 将来なんか考えないで、その場、その場で死んでいく。これが、無であり空

です。

 とにかく、何時いかなるときでも、自分を精一杯発揮できる状態に保つには

どうすればよいか。何にもない状態、自分を空にして、自分の体から自分を脱

落させてしまうしかありません。

 たとえば、的に矢を射るにしても、「おまえ、おれの射るのを見たか」と。

相手を気にして矢を射るようでは、的に命中するはずはありません。はずれて

しまうのがオチです。

 見られている自分もなければ、見ている他人もそこには存在しない境地にな

ってはじめて矢は的に当たります。その境地が空です。

 お経を読むときだって同じです。そばで見ている師匠のことを気にかけてい

たら、声なんかうまく出てくるわけがない。私がまだ若いときのこと。九十歳

になる和尚にお経を教えてもらった経験がありますが、そのとき和尚は、

「そんな声でなしに、私みたいな声を出してみなさい」

 と、お年に似合わない声を朗々と出してみせました。

 若造だった私がまったく声が出せなかったのは、緊張しきって師匠に見習う

ことばかり気にしていたためで、そんなことを気にしているようではうまくで

きるはずがありません。

 恥や外聞などいっさい入り込むスキのないところで、人生この一瞬に賭ける。

将来をあれこれ考えるなどアホです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー--

  そうですよね。

 人生この一瞬にかけるね。ふふふ。頑張らなくちゃぁ・・・・・ね。


短歌


 親友っていいもんだわよ歯が悪い医者が悪いとアハハと笑う


俳句


 歯が悪い食べられないと友の秋


川柳


 笑えます友と二人で笑いあう



 



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽