FC2ブログ

おばあちゃんのひとりごと

Entries

子供は幼稚でまだ能力が発達していないから、難しいことを教えるのは間違いなどと考えるのは、大きな罪悪である。

 ほんとうにどんなつらいことでも、それがただしいみちを進む

 中でのできごとなら、峠の上りも下りもみんなほんとうの幸福

 に近づく一あしづつです。

                     宮沢賢治



 正しい道を歩いているつもりでも、道があなたにとってはよくないことも

あるのだもんね。さみしいときはありますよね。峠の上り下りの下り道かな?


 なんだか、今日はモーニングコーヒーに行きましたらね。みんなに会えて

愉しいこと。愉快なんです。いつものおじさんは私ら3人のそばにこられ、

「教祖様~~・・・・・」

「なにをおっしゃいます~~・・・・アッハ アッハ」

 みんなで大笑い。楽しいこと。みんな、それぞれに帰る。私も家でボーとし

ていたら、親友から電話が入る。

「あのね。○○さん亡くなられただよ・・・あの時会いたかったねぇ・・・」

「エッ!エッ!ほんとにお悪かったんだね。もう一度会いたかったなぁ・・・・」

 なんとなく~~ね。

 そうしているうちに、他の旧い昔仲の良かった方から涙声で電話が入る。

「知ってる?聞いた?亡くなったのよ?誰に聞いたの?・・・・」

 涙、涙でした。今夜、息子さんに連れて行っていただくというので、

「私は行けないから、私の気持をそーとあなた伝えてきてね・・・・。」

 なんだか、いちばんよくしてくださって、仲良くしていただいた方だもん。

 さみしいったらない。涙。でちゃう。悲しんでいたら東京の友人が、名古屋

に来たからと「お茶しない~~」とね。元気出るからな~~と、出かけた。

 80歳の女性。真っ赤なワンピースに可愛いお帽子・紫色のジャケットで、

颯爽と私の家のそばの喫茶店へ。なんだか、心がちょっと元気出たわ。しかし、

ああ、ショックな一日。こうして、みんな逝ってしまうのでしょうね。この間

の霊は知らせに見えたのね。たぶんそうよね。○○さん、ありがとう。



        *


  ☆ もう会えない ☆

        フェアリーグランマ


   会いたいな

   そう思ってくれて


   会いたいな

   私も思っていて


   会えばなんだか嬉しくて

   なにを話すわけではないけれども


   いつもかわらない微笑とやさしさがくる

   いつもありがたくなるあなた


   あなたに会いたい

   もう会えない


   さみしくなっちゃったな

   どうしよう


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  安岡正篤 「安岡教学」の神髄


         *


   機

           ――――「勘所」を活かす


  機とは漢方でいえば「つぼ」とか「勘所」というもので、そこを

 はずすと物事が活きてこないという一点をいう。生活にこの機を活

 かしてとらえることが、生の飛躍につながる。


         *


    人生すべて夢・幻・泡・影の如し

            ――――真実とは何か


  他人が偉くなったからといって羨むこともなし、自分が恵まれぬ

 からといって悔やむこともなければ、怒ることもない、世を遁れて

 悶えるなし、というのが本当だ。そういうことを考えてくると、は

 じめて真実とは何ぞやという問題に触れる。そこから人間・人生と

 いうものがわかってくる。


         *


   子どもの能力は無限

            ――――教育は幼児のときから


  人間は、幼児のときから教育しておかなければいけない。わかっ

 てもわからなくても、そんなことは問題ではない。とにかく教えて

 おけば、成長するに従って必ず効果が上がる。子供は幼稚でまだ能

 力が発達していないから、難しいことを教えるのは間違いなどと考

 えるのは、大きな罪悪であるといってよい。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 子どものことはそうですよね。

 それを、ホントそう思うのです。なんだって教えたいものです。

 夢、幻、泡、影の如し・・・・それがいきていることなのだ。



短歌


 ひとり逝き懐かしい過去が浮び来る想い出の中にあなたは生きてる


俳句


 「亡くなったよ」秋の午後きた友の訃報


川柳


 懐かしい想い出に浸り涙する



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽