FC2ブログ

おばあちゃんのひとりごと

Entries

「ベッドで纏っているのは、シャネルの№5」という有名なコメントは・・・・・・

 どうにもこうにもぺしゃんこになってしまった時は、そこ

 でへこたれず、必ず元気があった初心に原(たず)ねよ。

 そうすれば新しくまた出直すことができる。

                  安岡正篤


 わたしも長い人生、心がぺしゃんこになることがありましたが、そうですよね。

元気のあった頃の心にね。知らぬ間にそうせざるを得なくて、私も自然とそうし

てきたような気がします。でもぺしゃんこになったなぁ。


 昨日はね。お通夜に優しい友人のおかげでゆけました。

 亡くなられたのは90歳の大先輩。とても心優しい彼女みんなに慕われていまし

た、私もとてもよくしていただきましたので、どうしてもお会いしたかったので

す。「友人が一緒にいくわ~~」と言ってくれたので、三人で早めに行きました。

 亡くなられたとは思えない綺麗でいつものままでただ眠っておられる~~そう

いうふうにみえました。そぉと、耳元で話しかけられました。二人の友人からは、

「お参りできないけどごめんね~~と伝えておいて」と言われていましたのでね。

・・・・・・しっかりと伝えたことは、その二人には手紙で教えてあげたんです。


 帰り道の車のなかで、その友が言う。

「あのね。この前に、彼女と食事に行ったお店で夕飯たべようか?」

「そうだね。嬉しいわ。あのときのことを~~思い出そうね」

「じゃぁいこう。私がご馳走するからね~~」

「いつも、すみません~~ありがたいわ。ゆけて~~」

 二人で、お寿司屋さんに入る。

 ふと隣をみたら数年あったことはなかったのですが、偶然、そのSさんに

会えました。この不思議な出会いに驚きました。

 ゴルフの友人みたいでゴルフの話が楽しそう~~変っておられないなぁ?


 もう昔ですが、亡くなられた彼女と私と数人で北海道の”雪祭り”に行った時、

Sさんと北海道の雪祭りの会場でバッタリ出会った友なんです。その時もその

不思議さに驚いたんですが………その時はご夫婦(4年前にご主人は亡くなら

れたそうで)できておられてね。わざわざ、北海道で会えたという・・・・・

不思議でしたが昨夜も不思議な出会いがまたあった。亡くなった彼女が出会わ

せてくれたのかしら~~? 

 わたしらのほうが早く帰りかけたら、Sさんが見送ってくださったので、

 懐かしい出会いにね。 嬉しくて彼女に ”ハグしちゃいました” 

 心温かい人だから二人で ”ハグ” 「また、偶然に出会えるわよね~~」

 ありがたい。昨日のことです。


      *


  ☆ お星さま ☆

          フェアリーグランマ

 

    あんなに

    お空いっぱいに

    お星さま


    お空いっぱい

    きらきらと光ってる

    お星さま


    ありがとう

    お空が宝石のような

    お星さま


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 幸福な旅人

      監修グローブ・トロッタースタイル

         文 斉藤薫


 マリリン・モンロー

 究極の ”蜜月” スーパースーター夫婦は、

 結婚2週間で ”幸せの絶頂” 迎えた


 セックスシンボルとして、ブリジット・バルドーと世界的な人気を

二分したマリリン・モンローは、世間が考えているより遥かに不器用

でナイーブな人だった。言ってみれば、だから36歳の若さでこの世を

去らなければいけなくなったわけだが、まさに人気絶頂の27歳せ、メ

ジャーリーグのスーパースターであるジョー・ディマジオと結婚。式

をあげた2週間後、ハネムーンに出かける2人を捉えたのがこの写真で

ある。

 行き先は奇しくも日本で、3週間にわたって東京・大阪など各都市

を訪問している。「ベッドで纏っているのは、シャネルの№5」とい

う有名なコメントは、東京での記者会見で日本の記者質問に答えての

ものだった。そしてまさにこの時が、世紀のカップルのとってはきわ

めて短い幸せの絶頂となったのだ。各都市で日本の球団から招待を受

けていたディマジオは ”新妻” を同伴することを嫌がったが、ある

球状に勝手に現れたモンローに対し、案の定ファンたちが熱狂。自分

よりも脚光をあびたことで早くも夫婦関係に亀裂が入り、わずか9ヵ月

での離婚の原因になったと言われる。

 旅の前半はこの上なく幸せだった旅人が、同じ旅の後半には悲劇的

な末路予感する。それもまた人生なのである。そういう意味では、人

生の要点がぎゅっと凝縮されるのが、すなわち旅というものなのであ

ろう。ましてや良くも悪くも、旅は人間の本質を引っ張り出す。だか

ら価値観の違いに気づくのも旅だが、しみじみとした不変の愛に気づ

くのもまた旅なのである。

 スパースター同士の2人は夫婦にこそなれなかったが、離婚後も友情

で結ばれ、モンローを生涯支え、その死に際し式を取り仕切ったのは、

ディマジオだったという。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 愛すべき愛されるべき魅力的なモンローさんを思い出します。

 「ベッドで纏っているのは、シャネル5」というコメントにはね。

 若い頃、びっくりしましたわ。なんか楽しい想い出だわ。



短歌


 耳遠く話しかけられ聞こえぬに返事はしたが話はあれれ


俳句


 地下街をあがれば秋はもう暮れる


川柳


 ひとりゆえひとりに満足日々過ぎて




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽