FC2ブログ

おばあちゃんのひとりごと

Entries

グランマの作品「海」・・・・・・

 よい君主が、二代続けば偉大な事業ができる。


 過去の自分が現在の自分を作り

 現在の自分が将来の自分を作る


 ふふふ。誰のお言葉だったか知らん?すみません。私の作品みたい?

ちがうのです。でもとても好きなんです。君主を家長としたらいいですね。

 今までを振り返りますとね、自分が正しいと思っていたことも、立場やら

環境やらいろいろを深く考えたりするとね。わからなくなるものです。ふふ。

だから、大家族の中で考えさせられてね。自分が正しいなんておこがましい

と思うしわからないものでなんともいい経験をしました。大きく大きく感じ

過ごすことがとても大事なことだと思うのです。なんでもが考え方、ひとつ。

(こういう気持って理解できないかもね。そういう人のほうが多いでしょう)


 たしかに・・・・過去の自分が現在の自分を作り

         現在の自分が将来の自分を作る・・・・

 しみじみと、未来(将来)には、いい自分になりたい。


 今日はね。不思議といいことがありましたのよ。次から次と!嬉しい!

 朝、モーニング珈琲に行こうと出掛け歩いていたら、向こうから嬉しそうに

来られる。誰かわからなくて、近くに来られ、久しぶりの可愛い若いママ。

「お久しぶりだわね。元気だった?偶然ね~~」

「元気です。エッ今? 杖は? エッ!使ってないの?すごい!元気ですね」

「そうよ。頑張ったからバッチリ!ほだかちゃんもうみちゃん元気ですか?」

 幼くてかわいかった長男さんが中学3年生、下の長女さんが6年生だとか?

「私がいつも、いつも、応援してるからね。頑張って!と伝えてね・・・・」

 暫く立ち話をしてて、彼女は銀行に行くと、嬉しそうに手を振っていかれた。


 喫茶店では、あの髪の長い(後ろで束ねておられるが~)若い男性が私の傍に

座られて、政治の話やら、いろいろを教えてくださいますので、結構、気が合い、

楽しい。韓国の裁判の話には、お互いに憤慨・・・ありがたい。話せてよかった。


 午後散歩しようと出かけたら、向こうから自転車で手を振ってこられる奥様が、

近くに来られ、あの、いつものはつらつ奥様だ。ここのところ、喫茶店が混んで

て、一緒の席になれなかったので、楽しくなる。そして暫くの間は立ち話しして、

「明日は珈琲、一緒にしようね。明日 行くからね。会おうね。じゃあ明日ね」

 と、自転車で去って行かれた。花のようにパッと周りを明るくされる人なのだ。

 今日も一日が過ぎていきます。ありがたいわ。次の「詩」も。昔むかしだわ。


       *


     ☆ 生きる ☆

          フェアリーグランマ


    神様は

    絶対におられると思う

    どんなことも見ておられ

    善いことをすれば

    ほほえんでおられ

    悪いことをすれば

    悲しんでおられる


    神様がほほえんで下さるように

    生きていきたい


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

  今日も私の拙い「詩」

      これも若い頃の作品でして・・・・・・


 「海」

        フェアリーグランマ


   海を見てると 不思議だ

   心が穏やかになる


   海を見てると 不思議だ

   悲しみが癒えてくる


   海を見ていると 不思議だ

   つらいことが消えてしまう


   海をみていると不思議だ

   夢がわき勇気がわいてくる


   だから だから海が好きです


   海は やさしい母

   

   海は 厳しい父

   海は仲のいい友

   海は道を示してくれる先生


   いつも無言で

   暖かく見守り やさしく抱擁し

   抱きしめてくれる


   じっと水平線の彼方を見る

   目を閉じて 波の音を聞く


   あーあ 自然よ

   自然の素晴らしさよ

   自然の愛しさよ

   海を見ているだけで

   生き返り 元気が出て

   勇気百倍となり

   人生のはかなさを


   人生の寂しさを

   海は 海は 温めてくれる。

   海 海 海よ

   青き 青き 海よ

   どこまでも 青き 海よ 美しき海よ



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 これも私にとっては、若き日の思い出の作品です。

 なんだか、最近、つい、秋の夜長、しんみりと昔を思うのです。

  

 もう、先は見えてるかしらん?あとは、楽しく明るく笑ってね。

 いこう。がんばろう。


短歌


 ふうふうと懸命に生き日日励みひとりぼっちよなにをしようか


俳句


 図書館の静けさの中そとは秋


川柳


 詩人とはどんな人かな夢だった



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽