FC2ブログ

おばあちゃんのひとりごと

Entries

何かさわやかな、あたたかな、いきいきした、いのちの受け渡しの最高の機会となり残された者の心にも感謝が生まれるのです。

 仕事がたのしみならば人生極楽

 仕事が義務ならば 人生は地獄だ

     

 たのしみは苦界にあり

 極楽に楽しみなし


 どなたの言葉が忘れてしまいました。そうですよね。

 

 さあ今日は、朝、モーニングコーヒーに行きましたら、先日の若者がおられ、

またいろいろと韓国の今回のニュースに花が咲きました。そこへ、はつらつ奥様

も来られ、3人で・・・・なんだかんだ・・・・話しました。

 そのあとは、私はいつもと違うコースにして散歩についでに出ました。大きな

公園があり、そこでは中学生やら小学生が遠足かなぁ?社会見学かも?・・・・

とてもにぎわっていて、皆さん楽しそうでした。紅葉が少しずつはじまっていて

ね。落ち葉も少しずつ散っています。

 ハロウィンの大きな風船人形も消えて、サンタクロースになりました。町の街

路樹には、いよいよイルミネーションがまきつかれはじめました。

 今日から十一月ですもの。早いわぁ~~。


 昨夜は何年ぶりかしら?と思う?ご夫婦から電話が入り、びっくりしちゃった!

 「一度会いたいから会いに行くね」とね。たのしみが、ふえました。いつかなぁ?



     *


  ☆ いい人になりたい ☆

        フェアリーグランマ


   いい人になりたいと思ったら

   いい人の真似をするといい

   そうしていると

   知らず知らずのうちに

   それが本物になる


   贋物はすぐにはげるけど

   そしてすぐなれるけど

   本物は毎日努力しないと

   本物にはなれない



 (これも若い頃の作品です。笑えるでしょうね)



---------------------------------------------------------------------------------

 生きかた上手

               日野原重明 著


 「ありがとう」の言葉を残して逝きたい

 

 「終りよければすべてよし」とはシェークスピアの戯曲名のひとつですが、人生こそ

そのようなものです。納得して死ねるか、さらに言えば、最後に「ありがとう」と言っ

て死ねるかどうかどうかだと、私は理解しています。

 地位や名誉は死なくなる。財産も残したところで争いの種をまくだけですが、

「あリがとう」のひと言は、残された者の心をも救う、何よりの遺産です。

 このひと言の価値を現代医療はもっと顧みなければなりません。少なくとも医師たる

者は、死にゆく患者がその人らしい死を完成できるように、苦痛があれば取り去り、最

後のことばを交わせるようにすべきでしょう。からだ中に管を差し込まれたままで、ど

うして、めいめいの死を演じられるでしょう。「尊厳死」を望むかどうかを問うまでも

なく、人はみな尊厳ををもって人生の幕を閉じるべきなのです。

 きのう、私のもとに、10日前に奥さんをがんで亡くしたばかりのご主人から長い手紙

が届きました。亡くなった奥さんは「最後を聖路加国際病院で終えたい」と望まれ、死

までのひと月を聖路加国際病院で過ごした。

 痛みを取るよりほかに医者として尽くすすべき手はありませんでした。せめて音楽が

心の慰めになるかもしれないと思い、私は音楽療法士の頼んで、彼女が好きだった曲な

どを枕元で流しました。

 ご主人からの手紙には、

「妻は美しい旋律に包まれ、幸福感に満ちた臨終でした」

 と、おそらくいまが一番つらく悲しいはずでありながら、喜びと感謝のことばあがつづ

られていました。

 最高の死は、死に行く本人の力だけで演じきられるものではありません。家族、友人、

医療に従事する者の、深い理解とバックアップが必要なのです。それらが一つになったと

気、死は悲しいにはちがいないけれど、何かさわやかな、あたたかな、いきいきした、い

のちの受け渡しの最高の機会となり、残された者の心にも感謝が生まれるのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 そうですね。私も、考えるとそういうふうがいい。

 日野原先生が思い出されて・・・・。


短歌


 真夜中に眠れずに起き夜空見る星ひとつ光るむかしが浮かぶ


俳句


 出会う人「さむいですね」「そうですね」


川柳


 ドンファンの週刊誌見て遺産にエッ

(週刊誌の・・・見出し見て・・・びっくり)



スポンサーサイト

Comment

グランマさん、こんばんは~

確かに、仕事は追われていると感じると、ストレスが溜まってしまう。
そして眠れなくなり、不整脈から過労死の原因へ一直線なんですね。

わたし事ですが、夫が年内いっぱいで定年退職いたします。
この数か月前から、仕事に追われるようになっているのが、気がかりです。

喫茶店での会話、とっても楽しそうですが。
韓国の話題は疲れますね。(;^_^
今更、こんなことを言う?と思いました。
  • posted by 窓
  • URL
  • 2018.11/02 17:33分
  • [Edit]

: ご主人さま 定年退職なさるのね。

 窓 さま

 いつもありがとうございます。
 こんばんは なんだか、急に冷え込んできてね。さむくなってきました。>
 そうそう、韓国のあの・・・・韓国らしい・・・・

 その若者(喫茶店で会う)は、政治の話に詳しくてね。いろいととおしえてくださるから………ね。

 韓国の話は・・・・ほんとに「いまさら~~」ね。信じられないです。 

 ご主人さま 定年退職なされるのですね。よく頑張られ ありがたいことです。
  もうあと2ヵ月ですね。おつかれさまでありがとう。です。ね。

 きっと、今は、ご主人様は、充実して楽しんで せいいっぱいに頑張っておられるのでしょう。
 こういうときに暖かい誠実なお人柄がね。
 
 来年からは、自分のたのしみな時間が持てるな。
 あなたとの楽しい毎日になると~~そのために、おおいに、いま頑張っていておられるのでしょう。
  がんばって、お疲れかと存じますが、お仕事に燃えて楽しんで頑張っておられると~~思います。

   どうぞご無理なさいませんようにね。 お身体をお大事になされませね。

   窓さま いつも、ありがとうございます。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2018.11/02 22:10分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽