FC2ブログ

おばあちゃんのひとりごと

Entries

”ポン・アペティ” ・・・フランス人が交わす挨拶語のなかで、この言葉が一番美しいとされてます。”かしこく食べる”ことに次いで”おいしく食べる”

 「よいことはよい」「悪いことは悪い」といえる人であり、

 「よいおこないをしたい」「悪いことはしない」そういう

  人でありたいな。出来てないけれど、ガンバロウかな。

                  フェアリーグランマ


  人間尊重      ――――「狎れ」をいましめる

  お互いに礼をする。すべてはそこから始まるのでなければならな

  い。お互いに狎れ、お互いに侮り、お互いに軽んじて、何が人間

    尊重か。

                        安岡正篤



 そうですよね。そう思います。お互いがマナーを持ちたいですよね。

 さあ。今日もよい天気でした。散歩には近くの公園に、昨日同様にゆきました

ら、いい天気ゆえか人が多くてみんなが楽しそうでした。大きな公園ですので、

グランドでは運動している人やら、みんなでお弁当してる人やら、遊園地では若い

ママさん方がお子様を遊具で遊ばせておられ、よい日はとてもいい光景です。

 私までが、なんとなく幸せな気持ちになるのです。いいなぁ~~。

 たくさん歩いたわ。9000歩 近く歩けました。やったぁー!

 夕方、郵便局に手紙を出しにいったらね。大好きな美人のお姉さんでした。

 手紙を出したら~~お互いに手が、ちょっと触れて~~お姉さんが~~

「なんて、やわらかい手なの、気持ちいいわね~~」

「ありがとう。肉だけは私あるからね~~もちろん、皺もあるわ。ふふふ」

「まあホント、軟らかくてふわふわね~~」

「おなかにもあるわよ~~肉がいっぱいよ~~」

「わたしもあるわよ~~おなかは~~」

「ちっともないじゃぁん・・・」

「ないわよ、あなたは!」と、大笑い。


 姪っこから、メールの来て少し元気でたようだ。ありがたい。

 宇宙から亡姉が、見守ってるだろうから・・・安心しよう・・・・。



        *


   ☆ 微笑んでいたいな ☆ 

                フェアリーグランマ


    なんだって

    なんといっても

    おもしろいこと

    おかしいこと

    いつもいいことだけ思おう


    そうしていると

    自然にみんな笑顔になるから

    人が嫌がることは

    自分がされ嫌なことはしない

    されても笑ってるの


    なんでもなんとなくわかるもんね

    だれも 心地よいことを

    そうすると私も心地よいから

    自然にみんな笑顔になるわ

    いやがることはしないだよね


    あなたも笑顔

    わたしも笑顔



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 この考え方があなたの人生を決める

             松原泰道 著



 幸田露伴ば娘さんに教えた「美しくなくてはならない」理由


 南無の会の機関雑誌・月刊『ナーム』通巻248号「特集・考えて食べる」で、糖尿体

験を持つ鴨志田恵一さん(「アエラ」スタッフ・ライター)が、”ボン・アぺティ(お

いしく食べましょう)”という、フランス語の食前のあいさつ語を紹介されています。

 鴨志田さんは、フランス人が交わすあいさつ語の中で、この言葉が一番美しいとされ

ます。”かしこく食べる”ことに次いで”おいしく食べる”は、やはり、食事について最も

適切な忠告でしょう。

 鴨志田さんは、ある日新宿駅構内の大衆割烹店でビールを飲みながら、見るともなし

に向かい側の男性があつらえた「刺身定職」の食べ振りを観察します。その人は60代半

ばの、一見東北地方からの出稼ぎ人で、都会人にはないゆったりさがただよっています。

 鴨志田さんは、この人の食べっぷりを見て「この人物は食事の達人である!」と感動

します。


     

 彼は食べることが上手なのだ。味噌汁を静かにすする。ご飯を一口、よく噛みしめて

食べる。マグロを一切れ、ゆっくり咀嚼する。ご飯、味噌汁、お新香、それから小鉢の

おからと順に回してはしが動いている。

 口を閉めてよく噛む。が、のろのろしているわけではない。実によい速度。料理を少

しずつ、順番に巡るそのはしの動きも気ぜわしくないのだ。的確に動き、間とタメが何

ともいえない。物をつまんで口に入れればいい、というものではない。つまむ直前、口

に入れる前、ほんのわずかの間と緩急があるのが美しい。

 また食事全体のぺースがよい。かなりの空腹のはずだろうが、むさぼっていない。

 急いで口いっぱいにほおばったり、汁で流しこむようなことはしない。適量が適時に、

ワルツとブルースの中間のようなリズム、楽しく口に入り、噛まれ、呑まれていく、そ

して。彼の身体全体から

 「うまいなぁ」

 という雰囲気が立ち昇るのである。ここが感動させるのだ…………



 と、鴨志田さんの観察は精密ですが、いわれてみると、この人は確かに美しく食事を

する”達人”です。文豪の幸田露伴が愛娘の文さんに「女は掃除するにも、食事するにも、

美しくなくてはならない」と、いつも言っていたそうですが、それは男性にも同じです。

いまは自分のしていることすべてに徹するなら、傍から見れば美しく見えることに間違

いないし、達人に感じるのです。 

 徹するとは、そのものに成り切るのです。三昧(一つのことに心を集中して、他のこ

とを考えない)になることです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 でも、そうですよね。大事なことです。私の父も明治生まれですので、食事の躾は

とても厳しかったです。はしの持ち方置き方・茶碗の持ち方・食べ方・座る姿勢・等

美しくがいいですよね。すべてはありがたいなぁ~~と、しみじみと思い出します。


 ・・・・・・”かしこく食べる” ことに次いで ”おいしく食べる”・・・・・・



短歌


 秋陽射し心地よくて今はればれと散歩するなり幸せ感じて


俳句


 公園で多くの人ら秋がゆく


川柳


 「がんばろう」ひとり掛け声癖なんです



スポンサーサイト

Comment

裕 さまへ 大丈夫ですよ。私があなたの母ならば^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^嬉しいわよ。

 こんにちは おひさしぶりです。
 いいなぁいつも楽しみさせていただいています。
 ご家族を大事になされ、嬉しくなります。
 そして、がんばっておられる。

 いいじゃぁない。
 わたしがあなたの母ならべば、ありがとう。そうやっていってくれて・・・・だわ。


 いつもの私の好きな  安岡正篤師の言葉を・・・・

 
 家庭   ―――――子供の 「苗代」

    父は子どもの尊敬でありたい。母は子どもの慈愛の座であり
    たい。なぜならば家庭は子どもの苗代だから。

 母の哲理    ―――――尊く懐かしいもの

    世に母の徳ほど、尊く懐かしいものはあるまい。母は子を生み
    子を育て、子を教え、苦しんで己を忘れ、養うて恩ともせず、
    子と共に憂え、子と共に喜んで、我あるを知らぬ。

 とありましたが、母はすべてがあたりまえなのです。お礼をいうのではおかしいしね。
 そうなんです。おたがいが思うことをいうがいいのです。いいと思うことは言うことなんです。

 あなたのブログは、いつも読ませていただいております。だから、そのこともぞんじています。
    ・・・・だから、そのとき、コメントしようかと迷ったんです・・・・・
 私が、あなたの母ならば、喜んでいます。なぜって、自分のことを、ハッと気ずかされありがた
 いとね。母といえども、むかしから言うように”老いては子にしたがえ”というように、あらゆる
 面で、老いていくごとに、いろいろと鈍感であることを知っているし、だから、そういう諺もで
 きてくるのでしょう。と、わかるからです。そのなかで、そんなことで(ごめんなさい。理由も
 知らないのに)息子が、気にしていたら、母はさみしくなりますもの。母は息子を信じているか
 ら、ね。おこってくれていいのですよお母様も、そうおっしゃっておられますよね。そうそう、
 親は、なんとも思わないと思うわ。私ならば「ありがとう」なんですもの。息子に感謝だわ~~
 頼れてありがたいし、判断力を自分が知ることが出来るものです。そういう所で、あらゆる面で
 世代は受け継がれ・・・脈々と知らぬ間に伝えられていくものですよね。大丈夫ですよ。私なら
 ば、今は、すべて息子を頼りきっています。老いて小さくはなりますが、私の心は、もっと、強
 九なり、心配なんかさせないぞ!元気でガンバるぞ!ふふふ。強くて、負けは見せない。ふふふ。


 老いようがなんともない。ひとりで、心配させない。ふふふ。大丈夫ですよ。
 うまく、返信が伝わるかなぁ?

 裕さん もっと安心してね。すみません。

 
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2018.11/03 14:36分
  • [Edit]

ご返信、深謝致します。

Dear フェアリーさん
私の私事コメントへ、こんな素晴らしいご返信。申し訳ありません。そして、深謝です。フェアリーさんの筆力は尊敬して居ります。話し言葉も私は好きですが、書く、形に残る言葉も私はとても大切だと思っています。貴ブログから学ばせて頂いたものは計り知れないです。今後とも健筆、お願い致しますね。ブログを通したこのような出会いって、本当に素敵だと思います。
  • posted by 裕イサオ
  • URL
  • 2018.11/04 01:22分
  • [Edit]

ありがとうね~~

 裕 さま
 こんにちは こちらこそ、ありがとうございます。

 なんだか、とてもありがたくてね。ほんと、ありがとうです。
 私は、あまり上手に言えなくて(書けなくてね)、伝わったらいいけれど~~とね。
 なんだか、”ああ よかった” と、思いました。

 そうですよね。
 
 私も、いつも、貴ブログからね。いろんな家庭生活でのあなたさまの姿が浮んだり、ジャズピアノ・またそのお仲間さんとの  模様やらね。
 ご両親さまとの愛情あふれる やりとり ご兄弟 やら、ブログから感じられてね。嬉しくてね。ほのぼのします。
 
     ・・・・・また、安岡正篤師のお言葉からですが・・・・

  心の太陽         ―――人間の理想精神――――
   太陽の光に浴さなければものは育たない。同じことで、人の理想精神
   というものは「心の太陽」である。理想に向かい情熱を沸かす。
   それは、日に向かう、太陽を仰ぐということだ。

 
 とてもいいですよね。がんばってそうしていきたいなぁ~~ふふふ。
 面白いでしょう。いいよね。またね。ありがとうね。

 裕さんのブログを見ながら、いいなあ~と思っています。
 

 あのね、いつもね。ご丁寧で おそれいります。ほめてくださって、なんだか すっかり照れています。

 私には・・・・ちょー豪華なお言葉だわ・・・・有り難うございます。

 似合わないと思うけれども・・・・・ありがとうね。感謝です。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2018.11/04 14:27分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽