FC2ブログ

おばあちゃんのひとりごと

Entries

人間には辛かったり苦しがったりする自分と、喜びと感謝で生きられるほうの自分があります。

  幸福か不幸かは「あなたが決めること」

                中村天風



 今日は大変でした。コンサートのチケットを頂いていました。

 今から大慌てでお洒落してでかけます。

 中村天風様の、話されることが」身に沁みます。 

 読売新聞の人生相談を読んでいて、こういうかたもあるんだなぁ~~と思う。

 なんでもガ自分に運の悪いことばかりが続きまして・・・・とあり。ひとつ

一つが書かれていた。

 例えば、ピザ店に入ったら1時間半待たされ、忘れられていたとか、気分が悪

くて椅子で横になっていたら、感じ悪く言われた・・・・等、いろいろが最近あ

り運の悪すぎる私・・・というようなことでね。その相談の先生はとてもいいな。

アドバイスが、・・・全て、チョッと考え方を変えたらいいという感じでした。

そうなのよね。何でも、悪く取ればなんでもどんなんでも悪く取れるものですね。

その女性も、ちょっと、逆に考えたら人生。運がいいと思えるかも・・・ふふふ

難しく思うかもだけれども~~案外かんたんよ。できる。できる。できるわよ。

なんでも、「出来ないと思うものは出来ない。出来ると信念することは、どんな

ことでも出来る」中村天風師の、お言葉です。そう思うわ。


    *


 ☆逆転の発想こそは生きる知恵☆

                  フェアリーグランマ



-----------------------------------------------------------------------------------

中村天風の生きる手本

               宇野千代  中村天風 述


 *人生は「窓をあける」だけで明るくなる

 これは講習会で教えることですが。なぜ、そういうふうに心の持ち方が変わった

場合に、体がよくなるかというと、人間の神経系統の中にあるヴィス・メジカトリ

っくす・ナチュール(自然治癒力)というものと、心の持ち方との関係をお話しま

すとね。私は自分でも驚くほど、それからののちの私は、今日の天風教義の基礎を

作りうるほど、自惚れもまじっているかもしれませんけれども、自分が作り替えら

れていった。と自覚するほど、私は変っちまったのであります。これを私は、あな

た方に、今日、はっきりわかっていただきたいと思って、この演題をもうけたの

あります。

 この中は、病気の人もおありでしょう。また、運命的に恵まれない人もありまし

ょう。それを、恵まれない、恵まれないと言ってからに、お互いの生きる世界を暗

苦して、窓を開ければ明るい座敷を、窓をしめて暗くしているような人生二にして

いるような人生に生きるのでは、人間として生まれたからには、もったいないこと

じゃぁないでしょうか。二度も三度も生まれ変わるものならいい、人の命は、一ぺ

ん死んでしまったら、二度とこの世に出られません。

である以上、たとえ現在がどうあろうとも、三寸の息が絶えて、万事休す、その日

まで生きているんですから、死なないかぎりは生きているんですから、たとえどん

なことがあろうとも、生きているというこの有りがたさを心に思い、どんな辛いこ

とがあろうとも、どんな悲しいことがあろうとも、すべてこの俺が、もっと高い心

の境地になるための、天の試練なり、というふうに考えて、それを喜びと感謝に振

り替えたらどうでしょう。

 いまこのことをそうだと思ってら、その人は今日から以後、ほんとうの幸福とい

うものを味わいうる人です。

 -----省略ーーーーー

 人間には辛がったり苦しがったりするほうの自分と、喜びと感謝で生きられるほ

うの自分があります。心の中の、もうひとりの自分を探し出して、たったいまから

、どんな人生を生きようとも、矢でも鉄砲持って来い。俺の心は汚されないぞ。俺

の心の中は、永久に喜びと感謝でいっぱいになるんだ。という気持生きてゆかれれ

ば、その結果、どうなるか、事実がきっと、あなた方に大きな幸福という訪れを持っ

て、お応得すると、思います。

 申しあげたいことはやまやまありますが、どうか、一人でもいい、わかってくだ

さい。あなた方、個人の幸福は、また人の世の幸福です。

ーーーー省略ーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 いいですよね。

 喜んで感謝の気持ですごしたいものですものね・・・・・昔・むかしだけど。

 例えばね。亡舅姑が嫁いだ娘や外孫ばかり可愛がっててね・・・

まあ、しかたないわね。正直な性格なんだって!隠せないのね。嫌だけれども

心をそのまま出しておられるんだもん・・・諦めよう。私がわが子を愛してる。

 難しいことよね。でもそういうものと思っているわが子。

 わが子はそれほど感じてないようだから・・・まあいいか!って、ね。


 私も亡舅姑と同じ様なことをしているのではないかと・・・反省するのです。

案外、無意識にやってる?かもと?戸ね。誰も彼も愛する人でありたい。

 なんでもがよほど意識しないとね。

 笑っている。心をどこにおくか?・・・・こうやって考えるとね。いつも理解、

笑顔になっておれます。やってみてくださいね。なんでもを自分にとっていいよ

うに考えるってね。いいもんでなんです。なんでもが”有り難い”と思えるからね。

 私そう思うけれども一所懸命に気をつけるんだけれどもね。・・・・・?

 ・・・・・・やれているかは自信がないわ・・・・・



短歌


 悪く言うあなたの心を考えて嫉妬してるのじゃァ嬉しい


俳句


 秋だ秋カラスが鳴いた日が暮れる


川柳


 わすれんぼ駄目だな私ボケたかも

 

 


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽