FC2ブログ

おばあちゃんのひとりごと

Entries

いかに生きるかは、いかに死ぬのかなのですから。死から振り返ってみて初めて、今日一日のいのちの重みが知れる。

  幸福は物に求むべからず。心に求めよ。

           イマヌエル・カント


  

 これはそうですよね。


     幸福も不幸も、すべて心の持ち方から生まれてくる。

     お釈迦さまも、語っている。


   「欲望が燃えさかれば、この世は焦熱地獄。貪欲におちこめば

    人生は苦しみの海。心さえ清らかになれば、燃えさかる炎

    も涼しげな池となり、迷いからさめさえすれば、解脱の境地

    に達する」心の持ち方を少し変えただけで、この世の中は、

    ガラリと姿を変えるもんですよね。


 でも、欲望は尽きないものですから ”無欲” なかなかなれないわ。


 さあ~私は私なりのいいことを考えようかなぁ~~


 昨夜ですが、初めての劇場でしたので、バスを降りてどっちへ行こう?

 右か?左か?どっちに行こう?

迷い困ったな?と、一瞬迷い、考えてたらちょうど通って行かれる女性が、

早速、声をかける。

「すみません。劇場に行きたいのですが?ご存じでしょうか?・・・」

「ハイ、私は地元ですから~~あの信号を曲がって~~あの、ご一緒します」

「でも、大変でしょう。教えてくださるだけでいいですよ・・ありがとう。」

「大丈夫です。今夜なにかコンサートとか、なにかあるのですか?」

「ハープと三味線と太鼓の演奏があるのです・・・・」

 話しながらすぐ傍まで、お優しいご婦人で一緒に連れて行ってくださった。

 こういう親切な方がおられるのですね。なんだか心のなかが明るくなり嬉

しくなりました。いい昨夜でした。


 そして今朝も散歩に出たらね。

 デパートの入り口で向こうからご婦人が人が来られるので、ドアの前で待

っていましたら、ドアを開けて待っててくださる。微笑みながら~~

「どうぞ・・・・」とね。

「ありがとうございます」

 と、ね。なんだか運のいいことが続いて嬉しくなりました。

 些細なことだと思われるかもですが、ひとりの私には優しさはありがたい。

 今日もいい一日でしたわ。ふふふ。ありがたいわ。


         *


  ☆ 心はいつも太陽にしていたい ☆

          フェアリーグランマ



    なんでも どんなことでも

    一所懸命 がんばる

    そうしてそうして

    喜ぶまわりの笑顔を見ながら

    自分も笑顔になりながら


    また今日はきて明日になる

    この日日

    一日 一刻 一瞬 を大事にし

    喜んで明るく楽しくいくの

    心はいつも太陽にしていたい

    

    しあわせをいっぱいに感じ

    すべてに 感謝したい

    ありがたい ありがとう

    心はいつも太陽でありたい

    いつも 笑っていたい



--------------------------------------------------------------------------------

 生きかた上手

              日野原重明 著


 死を明るく話題にしよう


 さしあたって、小さなお子さんのいる家庭なら、ペットを飼うことをお勧めし

ます。犬や猫、 小鳥、 あるいはバラを育てれるのもいいでしょう。いのちあ

るものに手間と愛情を注ぐ喜び、 共に生きている喜びを実感できます。と同時

に、 失ったときの悲しみも知ることになります。

 生き物にはいずれ死が訪れることを、 子どもはペットの死を通して学ぶでし

ょう。コンピューター上のバーチャルペットが死んだときとは、受ける心の衝撃

はちがうはずです。

 いのちあるものの死は、悲しいばかりではなく、その後にやさしい思い出を残

してくれます。死んでいくいのちが、生きている者の心のなかに生き続けること

を知るのです。

 子どもや若い人を交えて、日ごろから、死を明るく話題にして欲しいものです。

 いかに生きるかは、いかに死ぬのかなのですから。死から振り返ってみて初め

て、今日一日のいのちの重みが知れるというものです。

 脅すつもりはありませんが、平均寿命まであと30年などとのんきに構えていて

も、死は定刻どおりにやって来るわけではありません。

 「初めに終わりのことを考えよ」

 と言ったレオナルド・ダ・ヴィンチのことばを思い出すたびに、人生のラスト

スパートは結構若いうちから始まっているのだと思います。

 老いも若きも自然に死を語り合えるような成熟した文化が育ったならば、いの

ちを軽んじるような行動は生まれないだろうと、私は楽観しています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 そうですよね。いのちの大切なことをあらゆる時に話したいですね。

 

 


短歌


 ひとりゆえひとり考えひとり思う頑張って生きる頑張っていい日


俳句


 七回忌亡姉は柿やら好きだった


川柳


 おバカだなボケか忘れること多し

 



 


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽