おばあちゃんのひとりごと

Entries

☆夜空を眺める☆

人生は短い。わずかな時しか生きられないからと
いうよりも、そのわずかな時のあいだにも、わた
したちは人生を楽しむ時をほとんどもたないから
だ。
          ルソー「エミール」

 そうらしいです。日々に追われますものね。若いうちは特にね。でも若いうちは
夢ややりたい事やいろいろいっぱいあるからね。でも、そういうことの中で楽しん
で生活してほしいわ。
 わたしはありがたいことに今、ホント”有り難いお暇が頂けて、感謝なのです。
こうしていろんな本を読んだりするうちに、昔読んだ本を読みますとね。何か違う
のです。心って色んな作用というか、環境や自分の今の現況で変わるものです。
だから、ゆっくり読める幸せに感謝!暇に感謝!有り難い。有り難い日々。昔好きだ
った箇所が違うことに気ずく。やはり老いるとは少しは精神年齢は上がるかしらね。
下がっていたりしてね。私はしっかり人生を楽しませて頂いているなあーーー
 わがままなわたしは暇に感謝しつつも、その上に我が子ら孫らの幸を願うのです。
欲はないといいつつ、無欲にはなれないものです。
 
 子らや孫らを思う時「慈しみ愛しくて!我が子や孫に幸あれ!」と胸がキュンと
なるのです。
 老いてなにもしてあげられないし、遠くから ただ ただ 見守るだけなのです。
このような、老いの一日、一日を、大事に自分の健康にも、気をつけているのです。
このブログを読んで下さる親御さんもまた若い子供さんも同じ気持ちでしょうね。
 誰も面と向かっては言えませんからね。ハッハ ハッハーーーーー
 でもみんな心の中に「子は親を思い、親は子を思」当たり前ですね。


   いま私の一番好きな仕事といえば、夜空を眺める
   ことです。なぜといって、この地上から、また人
   生から眼をそらすのに、これほど好い方法がある
   でしょうか。

               トオマス・マン短編集



空を眺め幸に気ずいて

雨が降る
お空はどんより
グレイの世界
心の底の悲しみが
ふっと芽を出すのです
涙が静かに伝います
何故かあって?
分からないのです
むかしむかしの気持ちかも

      晴れました
      お空はスカイブルー
      輝く世界
      心がダンスしています
      フワアッと花の蕾が開く
      微笑みが生まれ
      何故かって?
      きっと きっと
      幸せが来る予感がするのよ

どんな 空模様だろうと
心はいつも生き生きとして
清々しい世界
気持ちは溌剌に楽しんで
花は咲き鳥は鳴き蝶は舞う
周りの人が喜べば
何故かって?
老いも若きも みんなみんな
幸せに感じてくれたらいいなあ
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽