おばあちゃんのひとりごと

Entries

菩提寺の報恩講まいる

 おはようございます。今年に入ったと思っているうちに、早や4日
です。わたしは浄土真宗(東本願寺)です。今日から報恩講が3日間、
お勤め{音楽法要や法話}が行われますのでお参りにまいります。
 菩提寺には、亡き我が家のご先祖さまがおられ待っていて下さると思
います。喜んで下さるでしょう。
 今年始めて御先祖様にお会いできますので、おしゃれしてまいります。
ちょっと遠いので張り切って「さあー頑張っていこう!」と自分に、声
を掛けて、言い聞かせています。

  

   宗教家 紀野一義市の詩

     人間ぬくぬくしはじめると

     ろくな仕事はせぬ

     追いつめられると

     竜が球を吐くように

     いのちを吐く

 

 ただ すっかり ぬくぬくと生きているわたし。ときどきこの詩を
読むと、ハッとするのです。気持ちを確り持ち老いる日々のなか、ち
ゃんと毎日を大切にしないとなあー。「もったいない」ね。

 なにもできはしないのですが、自分を磨くことは努力すればいいか
なあー? と思ういま朝考えているのです。可笑しいわたし。

  この間書いた「木鶏」の話しですが、そういう人になりたいもの
と……

 「まあいいでしょう。もう、他の鶏の鳴声をきても平気なものです。
ちょっとみると、まるで木で作った鶏としか思われません。含徳が充
実したのです。これで、どんな鶏がやってきても。到底、ものにはな
りません。みんな、闘わずして走り去ることでしょう。

 これを読むと、中村天風氏が豹に遭ったとき、豹がさっていった話
(前に書きましたが……)信じられますね。
 わたしも不可能と思わずそのようなひとになれるよう、努力しよう。
   {含徳}……心に徳をおさめもつ。(わたしの思う訳)
 

 短歌一首

    新年や御先祖様のおられまする菩提寺まいる心引き締めて
 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽