おばあちゃんのひとりごと

Entries

我儘になる老いていくわたし

 

      まだ暗き朝早く起きなにもせずひとり居の世界気ままな世界

       


森信三「女人開眼抄」が教える女性が幸せにに生きる道
                寺田一清氏{到知」より
 ---省略ーーー

 
女人開眼抄に言葉②よりの

 夫婦生活というものは、お互いの欠点、短所を認め
 合いながら、しかもそれを噛みしめつつ互いにその
 人間認識を深めるーーという、いわばいたわりあい
 の連続だともいえましょう。

        ☆
 
 夫が落ち目にに向かった時、いかなる態度にに出る
 かによって、女性の真価は決するといってよいでし
 よう。ところが戦後の男女共学では遺憾ながら夫の
 悲境に際して雄々しく起き上がり、一家の支えとな
 り光ともなる女性は、しだいに少なくなりつつある
 のではないかと思われます。

          ☆


 妻の不機嫌、無愛想、さらには不平不満ほど、夫を
 意気消沈せしめるものはない。その反面、妻の明る
 い笑顔はど、夫をして勇気百倍せしめるものはない。



 短歌     
 
 いつもいつも反省ばかり老いを生き老いることとはなるほど難(がた)し

 知らぬ間に老いていた現在(いま)知らぬ間に人生の坂下りている我

 ときどきはひとり悩みつひとり涙老いの心は晴れのち曇り

 幸せな独り居なのに我儘な老いの心は勝手なものよ

 我儘で自分勝手になっていく心をとめねば嫌な老いなる

 

 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽