おばあちゃんのひとりごと

Entries

心の明るくなる種をまこう

 取り越し苦労はしないがいいよ 

  みんな 毎日 毎日 なぜかあるものよ
  いろいろあることでしょう。あなたも、わたしもーよ。
  それは一生懸命にいきてるからなんだよね
  だから いろいろ起きてくる。

  どんなに一生懸命やったって
  何気なく 考えなくて、ふと 悪気もない
  いいこととだと信じて、思ってやったって
  悪くとられてしまうことあるんだよね

  本当!ホントに、難しいよね。
  好かれ 良かれ 善かれ ってやって?
  気をつけていたって なるときはなっちやうんだな
  反省ばかりでチョッピリ情けない

  ついつい、いろいろ取り越し苦労する。する。  
  取り越し苦労なんだって、わかっていったってね。
  なんか 気になるとき嫌だね。 忘れよう。あきらめよう。
  そこが私の悪いところであり そこが私のがいいところなんだ!

  老婆心 老婆心 老婆心 やめよう
  おせっかい おせっかい おせっかい やめるんだ。
  こういう日々が、生きてる 生きてる 生きてるということなんだ。
  大事なこ とだから 大事だから、おおいに悩み、おおいに泣いたら 
 
  明るくなる種を播き、芽をださせて
  お水をあげて 優しい声をかけて
  蕾をつけたら 「華やかに咲くのよ」
  自信を持ち ゆくぞ 元気になって 美しくなろう

  へこまず へこたれず シャンとして 
  仕方ない。ゆくぞ!このまま!
  そんな 生き方しかできないから
  そうやって 繊細過ぎず、鈍感すぎず ゆこう 明日に向かって!

  

 

 「論語」巻第七 ニ一

  子の曰く、其の言にこれはじざれば、則ちこれを
  為すこと難し。

  先生は言われた、「自分の言葉に恥じをしらないようでは、それを実行
   するは難しい。{ことばは慎んでこそ、それを実行できる。}




  眼蔵家の逸話    杉本俊龍著より

 西有ぼく山禅師(「ぼく」という字がでてきませんのでひらがなでー)

 ぼく山禅師が盛岡市の受戒会に行ったときのことである。一弁護士がやってきて
ぼく山和尚にお目にかかり言うことには、「私は非常に忙しい身体であるから、受
戒にはついておられぬから仏法の教えを一口に言ってほしい」と。すると ぼく山
は、

「いや7日間かかって戒法の話をするのであるから一口では言えない。また、たと
い一口でわしが説いても、受け取るお前さんに合点がゆくまい」

「なにをおっしゃる。私は弁護士であります。およそ人の言うことで分からぬと言う
ことはありません」

「うんそうかな、お前さんは弁護士だと言って大変のさばってござるが、仏法は世間の
法律では解釈できませんぞ」

「いやわかりますから一口に言って下さい」

「たっての願いなら言うてきかせよう。仏法とはお前さんのことだよ」
と言われて、さすがの弁護士もキョトンとしてしまった。

「それみろ わかるまい」とやられた。

 弁護士先生ついに我を折ってしまい、それからは暇をみては説教を聴きに来た。そして
受戒について信者になってしまい、自分の弟を出家させたのである。ーーーーー 

  
スポンサーサイト

Comment

こんばんは^^

西有穆山。この字ですね!?(コピーしました♪)
どんな漢字なんだろうと検索しました^^ 
凄い人なんでしょうけど、面白みのある方なんですね。
「それみろ」には、笑ってしまいました^^

考えなしに言葉を垂れ流しにする人が多いように思います。
ちょっと考えれば、相手の立場になってみれば、
相手がどう思うかなんて解りそうな事を、無神経に口にします。
それが、自分より年上だと、もうがっかりしてしまいます。

なんて愚痴ってないで、明るくなる種を蒔いて、
綺麗な花を咲かせる事に専念したいです^^
  • posted by 夢桜
  • URL
  • 2014.01/26 17:52分
  • [Edit]

Re: こんばんは^^

 



ワアッ 流石の夢桜ちゃんだわあー。私もやってみたけどできなかったのよ。その
優しい思いやりの心が嬉しいなあー。感謝よ。ありがとう。
 
そのぼく山禅師の処世訓がのっていたのよ。

一、世の中をわたるにはバカ下駄をはくべし

ニ、腹には堪忍の帯をしめよ

三、腹がへったら縁の下の力餅を食うべし

 これが長寿の術であったとのことです。なんかわかる気がしますよね。
 ウーン……なるほど……。

 ありがとうね。お話ができたように感じられてありがたいわ。


  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2014.01/26 19:37分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽