おばあちゃんのひとりごと

Entries

目の前にある現実だけに生きていけばーー

   あすのことを思い煩ってはならない
   あすのことは、あす思い煩えばよい
   その日の苦労は、
   その日だけで十分である。
       「新約聖書」マタイによる福音書第六章
ーー省略ーーー
 セミナーに参加する一人の母親にーーー

 小学5年生のとき登校拒否となり、、やがて家族への暴力が始まり、ガラス窓
や家具、食器は壊されて家の中はボロボロだっただったといいます。

 「もう、あの子を立ち直らせようとは思うまい」

 辛い毎日ではあるけれども、親子3人が生活できるだけの条件が整えられている。
こうして生かされているだけでもありがたいことだ。これからは、いまある恵みに
焦点を合わせながら生きていこう。
ーーー精神的などん底の中でそのように腹を決めたのです。
 小さな変化はその日のうちに起きました。「もう息子を変えようとしない」そう自
分に言いきかせながらドアを開けると、何となく空気が違うことが分かりました。
すると、夕食時に息子さんがポツリと「このカレー美味しい」と呟いたというのです。
長い間聞くことがなかったポジティブな言葉でした。ーー

 セミナーに通い始めた当初、母親の心の中は「このままだと、この子は将来どうなる
だろう」「あの時、あんなに厳しく言わなければ、こんなことには、ならなかったのに」
という不安や恐怖、自責の念が渦巻いていました。
 そんな彼女に私は一つの訓練を勧めました。自分を責めそうになったり、将来の不安
で頭の中が一杯になりそうな時
「神さま、ありがとうございます。命を与えてくださってありがとうございます」とお
念仏のように唱えて、マイナスの思いが入り込まないようにする。

 そして、それでも心がザワザワした時には、ひと言だけ「ごめんなさい」と言って雑
念を打ち消し、再び、感謝の祈りに切り替えていくというものです。ーーー

 訓練を始めてしばらくすると、息子さんは少しずつ変わり始めました。---
ーーー彼が、もう一度生まれ変わろうとする強い意欲がこめられていました。

 この実話を通して教えられるのは、私達人間は過ぎ去った出来ごとを思い出しては後悔
し、どうなるか分からない未来のことを思い煩うという、頭の中に創りだした苦しみに、
いつも苛まれ続けているということです。

 しかし、過去と未来に心を奪われることなく、目の前にある現実だけに生きていけば、
苦労は三文の一に減ってしまいます。過去と未来を一緒に背負おうとするから三倍の重荷
になるのです。
ーーーー
             「人生を照らす言葉」  鈴木秀子{到知}2009・1・より

 

   「今が最悪の状態」と言える間は、まだ最悪ではな
    い。」            シェイクスピア



    どんなに不運な出来事でも、賢人はそこから自分の利にな
    ることを引きだす。しかし、どんな幸運な出来事でも、愚
    者はそこから禍を引き出す。
                ラ・ロシュフーコー


 
スポンサーサイト

Comment

NoTitle

「その日の苦労は、その日だけで十分である。」
この言葉、いいですね。本当にそうだと思います。
「若い頃の苦労は買ってでもしろ」と言いますが、
当時の私は言われる度に、
「売る程あるのに、まだ買えって言うのか!」と思ってました。
かなりヘソ曲がりのような気もしますが、
わざわざ買わなくても、来るなと言っても来るのにと思ってました。

最悪の状態って、後になって解るものですね。
この数年穏やかですが、それでも雑念は湧いてきます。
そんな時は「ありがとう」を繰り返し念じます。
嫌な記憶は思い出す度に強固になるそうなので、
そうなる前に頭から追い出したいのです。

ところで^^ リンク貼らせて頂いても構いませんか(^^?
よろしくお願い致します。
  • posted by 夢桜
  • URL
  • 2014.01/29 19:57分
  • [Edit]

Re: NoTitle

 あなたの言うとおり、若い頃は、あまりの苦労の多さに、そんなことを
思っていなくても押し寄せてきて、とてもかえるような状態ではなくてね。
ふっふ ふっふよ。いまならこうして笑って折れるのだけれどね。

 どうなっているのかと、考えることも無く一日が過ぎることが精一杯だ
った。今日も無事になんとか過ぎた?「あーあ」という感じだったなあー

 そうそう 其の時って感じる暇ないものね。後から思うよね。たしかにー

 最悪だったってね。

 わたしよく分からないのよ。あなたがやってくれれば、リンクって出来るかもね。
ヤフーもできるようになったものね、少しずつ老いても努力がかなうものです。
 いつもありがとう。
 









  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2014.01/29 21:23分
  • [Edit]

ありがとうございます^^

フェアリーグランマさんや他の方のブログは、
「このブログをリンクに追加する」をクリックすれば出来ます。
私は、黙ってリンクを貼られるのが嫌なので、これをはずしてます。
フェアリーグランマさんの「管理画面」にある「訪問者リスト」に、
私のブログ名がありますね。
そこの右端に「リンクに追加」があるので、それをクリックすれば出来ます^^

Yahooも出来るようになったんですね^^
凄いです^^ 
私も、ぼんやりしてられないです!

では、早速リンクを貼らせて頂きます^^
改めて、よろしくお願い致します^^
  • posted by 夢桜
  • URL
  • 2014.01/30 19:52分
  • [Edit]

Re: ありがとうございます^^

 教えて下さってありがとうね。少しずついろんなことが出来て嬉しい
ものです。その大正生まれの方を思えば、まだまだ、いろんな面で努力
しないとなあー?と思うのです。私の脳に問いつつね。ふっふ ふっふ

 あなたのコメントで今夜も楽しいです。ありがとう。
 



 




  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2014.01/30 22:53分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽