おばあちゃんのひとりごと

Entries

結構 老いてても考えは同じなのね

 今日は雪が一日降っているようです。笑えることに近くの内科医院に
今日なら、空いているだろうなあ―と思い「市の無料検診」を受けてお
こうかなー出かけました。こんな日なんだから絶対に空いているだろう
どう考えますか?ウッフ フ 結構、同じ考えの人がおられるようでね。
混んでいました。随分待たされましてね、お隣に居られた私くらいの方
に話しかけたら、全く同じで「今日は空いていると思い、「危ないから
出ないように!」と、娘に叱られたけど出てきたのです」ですって!
 二人で笑って話しながら待ちました。楽しい!みんな、そうかもね。


短歌

  なにもせずなにも考えず老いてゆく大事な日々を無駄ににしてるかな

 「疲れたな」ひとりごとつい言っていて亡母がいたなら怒られているな

  老いるごと鈍感になり可笑しけれそれだからなを生きるが楽なり

  愚痴もなく愚痴聞く耳はあるけれどそれが幸なりと言う口はなし

  表裏はいつも一体そう思う裏を思えば表が見えくる

-------

    一度でも心から全身全霊をもって笑ったことのある人間は、
    救い難いほどの悪人にはなれない。  カーライル

------- 

「帝王学」伊藤肇著よりー続きです。
 ハーバード大学の心理学教授である、B・F・スキナーは、「自分の行動
心理学からすれば、個人の心の内側の価値の物指だとか、心の状態だと
か、個人の感情だとか、個人の人生目標とか、未来に対する期待などと
いうものはすべて虚構である。」といい、そんなものは、さっぱりと捨てて
、全体の利益の奉仕にするように条件反射学的に人間を作りかえねばな
らぬ」と大胆な結論をくだした。

 この性悪説にスキナーはよほどの自信をもっていたのだろう。生後十
一ヵ月だった娘のデボラをガラスに入れて実験的に哺育した。
 防音され、常温を保った箱の中で裸のまま育てられた娘は汗も出すこ
ともなく、むずかって泣くこともなく幸福に育った。
 ところうが、年頃になった時、かなり重い憂鬱症にかかった。原因は
ひどい自信欠如であった。
 
 この現象を上智大学の渡部昇一教授は、次のように解説している。
 
 「これは大変興味深い事実だ。つまり、人間の尊厳とか、自由とかに
全然価値を認めない学説を立てた父親から病的に自信喪失の子供がで
きた、ということである。性悪説を、押しすすめることは、人間の内側に
こそ真の価値の尺度があり、これこそ人間を人間たらしめるのだ、とい
うことを蔑視し、無視するのだから、自信のある人間ができるわけがな
い。このスきナー学説は、どの赤ん坊も犯罪者になる可能性があるから
はじめから赤ん坊をすべて入獄させてしまえ、という議論とあまり違わ
ない。こういう怖るべき人間観が堂々と、アメリカにでてきたことこそが
問題である」

ーーーーーーーーーー
スポンサーサイト

Comment

こんばんは^^

土砂降りのような日に、眼科に行った事があります。
やっぱり、「こんな天気だから空いてるだろう」と思ったのですが、
同じ考えの人が沢山いらしたようで、混んでました(^^;

人間は、抱かれ、話しかけられ、大事にされて、
人として育っていくのだと、何かで読みました。
どこの国の人だったか、生まれた直後の記憶が、
病院の古い毛布だったという犯罪者がいたそうです。
人肌の温もりって、とっても大事なんです。
  • posted by 夢桜
  • URL
  • 2014.02/14 20:09分
  • [Edit]

Re: こんばんは^^

 面白いね。自分の考えてることを、みんな思うなんて、ね。
普通はそうなんだ。こんな年になり、気ずいてる。わたし!
 
 幾つになっても笑える人なのよ。
 
 嫁いでからひとつ、また一つ気がついたことが、あるのよ。
自分なりにね。「よく 分かったな、偉い!」って、自分を
褒めていたらね。本を読んだら、もうとっくに書かれてたの、
ただ無知、だったのよ。(苦笑)
 でも 「まあ、いいか」って!
 自分で気がついただけいいかって!
 
 温かい温もり、そうよ。難しいことよりそれよね。
 
 誰にも温い人でありたいね。
 
 
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2014.02/14 22:13分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽