おばあちゃんのひとりごと

Entries

自分のいいように難しい言葉も考えるわたし・・・

「到知」(2012・9)より

 {特集}本質を見抜く

ーーーー省略ーーーー
 
 我われは本質を見抜く、目を養わなければならない。それは国を国
たらしめているものをしっかり把握して国を蘇らせる道であり、一人
ひとりがこの生を真摯に生きる道である。
 では、どう養うか。その心得を安岡正篤師が説いている。

 一、目先に捉われず、長い目で見る。

 ニ、物事の一面だけを見ないで、できるだけ多面的全体的に見る。

 三、枝葉末節にこだわることなく、根本を見る。

 我々は難しい問題にぶつかる度にこの心得を忘れてはならぬ、と師は
言う。拳々服膺したい。

  服膺ーーー心にとどめて、忘れないこと。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 若い頃に読んだことのある言葉ですが、国という大きなことは言えない。

 なんか、好きな言葉でよく、考えたものです。

 わたしには、自分のことに、当てはめる。いろいろなる人との出会いにより、
泣いたり、苦しめられたり、亦、感謝するような人との出会いが有ったりして
考ええさせられたものでした。
 
 そんなときに、この言葉を自分で、当てはめたりしたりしたものです。
 
 勿論 人との出会うことよりも、ことが起きた時にも、あてはまり~。

 さあー、でも、この話とは違うかも~でもわたしはいいのです。そして、
 
 わたしはどんなときも、先ず、好きになることがいいのではないかなあー。
と思うのです。なんでも、かんでも好きになって初めて、いいふうになる。
 いろいろとことは始まるのではないかなー?なんて思うのです。いい加減な
わたしです。なんでもいいと思えば、いいと思うように解釈のわたし。?。

 でも、こういうふうに考えたっていいかな。なんて思うのです。……

 今夜は、韓流のショップにいき、本やら、お菓子やら、本当に嬉しくてね、
ひとりスターのグッズやら見たり~、楽しんできました。
なんでも夢中になることは、いいもので、頭の中が空っぽになりいいもので、
幸せいっぱいになるのです。


  短歌5首

  寒き冬も楽しく思いひとりゆえいいことだけを楽しみいこう

  声聞こえ「おばあちゃん」と言うそれは心にいつも孫らがすみて

  喜びて出会いし人は嬉しげに近寄り話す冬の夕暮れ

  雪の降り子らを案じつひとりゆえニュース見るやら外眺めたり

  空っぽの頭をもっと空にする夢中になって韓ドラ楽し

  
  
スポンサーサイト

Comment

こんばんは^^

解ると言うよりも、すとんと腑に落ちる言葉ってありますね。
難しい事は解らないんだけど、あぁそうかと納得がいく。
そうやって心に留めておくと、ある日、こういう事なのかと解る事もある。
・・・なんて(^^;

夢中になるものがあるのは、とてもいい事です^^
それで嬉しくなって、心がふわんと軽くなって、
幸せだなぁって感じる。
うん、いいです^^

寒いからこその楽しみもありますよね^^
春を待つのも、その一つです♪
  • posted by 夢桜
  • URL
  • 2014.02/21 20:12分
  • [Edit]

Re: こんばんは^^

 なんか、これは、上手く説明が出来ず下手だったなあ~て思ってたのよね。

 なんていうか。例えば始めてのひとに会ったときとか、難しい人だと感じられ
たときとかに、よく視てひとつ出たとこを見るのではなく、根本を見る。あ^あ
上手く言えない。でも 貴女は理解しててくれてる。嬉しいわ。


 そうなのよ。夢中になるって、いいことよ。その間だけは、困苦も辛さも寂し
さも、なんだって忘れるもの……有り難い……(苦笑)

 私だけの秘訣かもだけど……?また、他の人らには通用しないかもだけど?
 信じて素直な気持ちになって、やってみたらいいと思うのよね。
 ふんわり、ほんわり、自然に笑顔になるものよ。 

 貴女はわかっててくれるようです。楽しいね。

 
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2014.02/21 21:42分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽