おばあちゃんのひとりごと

Entries

「一期一会」はいい言葉だ。

「まんだら人生論」 ひろさちや 著より

ー来世まで考えていまの人生を楽しむー

 「一期一会」--という言葉がある。茶道のほうの言葉である。
 一期とは、人間が生まれてから死ぬまでの間、生涯におけるただ一度の
出会いが、一期一会である。茶会を催すとき、同じメンバーで、何度も集
うことがある。だが、そのときのそのときの茶会を、一生にただ一度の茶
会のつもりでやれーーーというのが、このことばの意味である。

 安土桃山時代の茶匠で、千利休の高弟であった山上宗ニのことばである。
しかし、一般には、江戸末期の大老、井伊直弼のことばとして伝わってい
る。

 たしかにわたしたちは、またのチャンスがあると思うと、その場の応対が
なおざりになってしまう。日常の仕事などはまさにそれで、マンネリズムに
おちいりやすい。そうした危険を戒めたことばとして、「一期一会」はいい
ことばだ。わたしたちは、いま目の前で会っているその人と、真剣に、一生
に一度のであいのつもりで会うべきである。---

ーーーーー省略ーーーーー

 ----もう一度出会うことを前提にして、いまの出会いを楽しむことは
いけないかしら…。わたしは、そのほうが仏教的だと思う。

 明治時代の禅の高僧が、70歳~80歳になって、英語の勉強をはじめた。
弟子たちは、いまからでは無理ですよ……という。高僧は答えたそうだ。

「うん、わしもそう思う。しかし、いま、単語の一つ、二つを覚えておくと、
この次、生まれてきたとき楽じゃあろうと思うてな……」と。一期ばかりで
なく、来世までも考えたこの禅僧の考え方に、わたしは拍手をおくる。

ーーーーー  ------  -----

   短歌5首

  童謡を口ずさみつつ「春は名のみ風の寒さよ」その通りだな

  来世ある信じいいことし努力し老いの一日を大事に生きん

  結果出て無料検診驚くほど良い安心だいまのままゆくぞ

  楽しみて幸せ感じ我生きる今日も無事なり良き日であった

  笑ってる毎日いつも笑ってる老いたわたしのそれが生活

―――― ------ -----  
   
   生も一度きり、死も一度きり、一度きりの人生だから、一
   年草のように、独自の花を咲かせよう。
                         坂村真民


   この人生は、いかにして天国へ入るべきかを、我等に教え
   る学校だ。
                         内村鑑三

  

  

  

  

  


 
スポンサーサイト

Comment

こんばんは^^

もう一度出会うことを前提にして、いまの出会いを楽しむ。
いいです^^ 私も賛成です^^

高僧という方は、何事にも大らかで、
茶目っ気もあるんだなぁと思いました^^
「わしもそう思う」と認めて、「英単語の一つや二つ」って、
来世、生まれた途端、何て言うんだろうって想像してしまいました♪

今日も、いい一日でした^^
明日もきっと、いい一日です^^
  • posted by 夢桜
  • URL
  • 2014.02/25 20:52分
  • [Edit]

Re: こんばんは^^

 ホントよね。楽しい。
 お年を重ねられても、脳のまわりがよくて、
楽しいね。ユーモアがあるよね。ユーモアって
言わないのかな。修業しておられるから~かあ。


一休禅師さんのお話は、
いつも、またいいよね。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2014.02/25 21:22分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽