おばあちゃんのひとりごと

Entries

理想の人生を生きるには・勤勉・正直・感謝・{新渡戸稲造氏}

新渡戸稲造の名著「自警」を読む

 どうしたらもっと
ーー生きがいのある人生
    を生きられるかーー人生成功-ー私の秘訣

              新渡戸稲造
              竹内均解説

解説
 ーーーーほとんど省略ーーーー
 
 彼はまた京都大学教授・東京大学教授・第一高等学校校長・東京女子大学
学長をもつとめた。校長や学長をつとめたことは、彼がすぐれた教育者であ
ったことを示すものである。そのことについては、かれの愛弟子である矢内
原忠雄(1893-1961)がその著書である「余の尊敬する人物」の中で
しみじみ語っている。
 
 矢内原氏によれば、大正ニ年に新渡戸稲造氏第一高等学校校長を辞任し、
その送別会が同年五月一日に開かれた。その会の後で、五、六百人の一高生
が新渡戸について校門を出、新渡戸の自宅の玄関前まで彼を送ったという。

 当時の天下の秀才たちにこれほどの深い影響を与えるだけの魅力を新渡戸
は持っていたのである。

 すぐれた教育者であった彼はまたすぐれた常識人であり、つねにわかりや
すく語った。その点をとりあげ、「彼は通俗的で学者らしくない」として非
難する人もあった。しかしこの場合に間違っていたのは非難したほうであった。

 新渡戸はつねに、「吾輩は専門センス(専門的知識)は教えない。コモンセンス
(常識)を教える。」と語った。本書にもコモンセンスがふんだんに盛り込まれて
いる。


 たとえばこの本の第一章で新渡戸は、「外柔内剛」について語っている。
私は①好きなことをやり②それで食べることができ③しかもそれが他人の役にもたっ
たとして、他人からほめられるような人生が「自己実現」の人生であり、理想の人生
と考える。そういう理想の人生を生きるには、勤勉・正直・感謝を実行すればよいと
いうのが私の持論である。このうちの「感謝」の最高の形が新渡戸の言う「外柔内剛」
であると私は考える。

 新渡戸は「柔和なるものはこの世をつぐ」といっている。
 
 私流に言えば「感謝を実行するものは自己実現の人生をおくることができる」という
ことになる。

 「外柔内剛」の第一歩は決していばらないことである。人をおどすといったくだら
ない場合を除いては、いばって得なことはこの世に一つもない。

ーーー省略ーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 なんか、いいものですね。素晴らしい新渡戸稲造さんです。
 勤勉・正直・感謝・ね。いまからでもがんばろうかなあ~

 勤勉だけが、私には一番難しいなあ~ ~。しかし、日々 なんでも努力だな。

 短歌5首

  ベランダで夕陽落ちゆくひとり見る町はざわめき我が家静寂

  覚えていて悲しむよりも忘れたいすべては夢よつわものどもよ

  ときすぎてはるかかなたに去りし過去いまの幸福有り難きかな

  テレビ見て笑って泣いて忙しいひとりのすがたひとりで可笑し

  プレゼント嬉しきものよ若夫婦イヤリングとは心が躍る

  
 

    

 
スポンサーサイト

Comment

こんばんは^^

私も今から頑張ろうかなぁ(^^ゞ

今日の夕陽は、綺麗でした^^
雲の向こうにあって眩しくなくて、ず~っと眺めてました。

イヤリングのプレゼントですか♪
私まで心躍ります^^
よかったですね^^
  • posted by 夢桜
  • URL
  • 2014.03/09 21:18分
  • [Edit]

Re: こんばんは^^

幸せな一日だったのよ。

若いご夫婦はね。ご縁をとりもってね。結婚し幸せに暮らしてるのよ。
今日、突然、家の近くに来たからと、連絡がありましてね。

 パープルの素敵なイヤリングを、バースデイプレゼントで下さったのよ。
私が親しい宝石店の方に、作って頂いたとのこと。嬉しい、ありがたいこと。

 幸せな 私です。
 ご夫婦と近くの喫茶店でカプチーノと言うのを、初めて頂きました。絵がミルクで、
描かれていて、とても、ビックリ!甘くなくて、美味しくてね。有り難い。有り難い。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2014.03/09 22:13分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽