おばあちゃんのひとりごと

Entries

二宮尊徳さんの話

「稲盛和夫の哲学」稲盛和夫著より

ー勤勉さについてー

 内村鑑三の「代表的日本人」のなかに、二宮尊徳の話が出てきます。
 
 二宮尊徳は学問も、資産もない、一介の農民でしかありませんでした。16歳の
ときに両親を失い、伯父さんの家に預けられた尊徳は、朝早くから夜遅くまで小作
人として働きます。自分の時間は夜しかありません。向学心に燃えた尊徳は深夜、
灯明を灯して勉強をしていたのですが、伯父さんから油がもったいないと怒られ、
勉強ができない状態になります。それでも尊徳は、朝は朝星、夜は夜星を仰ぐまで
田畑で働きとおし、その間、干し草や薪を取りに山へゆく道すがら勉強を続けま
した。

 やがて大人になった尊徳は、、不断の努力と倹約によって両親の家や田畑を買い
戻し、素晴らしい農業を実践するようになります。その評判を聞きつけた領主の依頼
に応じて、貧しい村を次から次へと再興していきます。声価は日増しに高まり、つい
には、晩年、徳川幕府の治水工事や復興事業を任されるようになりました。その二宮
尊徳が、並みいる大名諸侯にまじって殿中に上ったとき、その立ち居振る舞い、物腰
言葉遣いは、どこの高貴な生まれかと思わせるほど、礼儀正しく、素晴らしいもので
あったということです。

 この逸話は、一介の農民であり、礼儀作法を教わったこともない二宮尊徳が、毎日
朝から晩まで田畑に出て鋤や鍬を持って働くことによって、どれほど心を磨きあげた
かを表しています。人は一生懸命に働くことによって、単に生活の糧を得るだけ
ではなく心を磨くことだと思います。

 この労働を通じて「人間の心をつくる」というのは、現在の日本人にはとりわけ重要
なことだと思います。

 戦後、「時間を提供して報酬を得る。」という労働に対する価値観が確立されました
が、それは言いかえれば、労働とはお金を得るための手段でしかないということです。

 
 本来労働とは、たんに報酬を得るためだけのものではありません。とくに貧しい時代
であれば、働くということ、勤勉に勤めることが、自己の欲望-ー休みたい、怠けたい
遊びたいという欲望ーーを抑えることにつながりました。それが、結果として、人間の
心を鍛えることになったのです。

 -------------------------------------
 
   なぜ なぜ  なぜ

     なぜ なぜ なぜ
     なぜ なぜ なぜ
     どうして と聞きたくなるな

     なぜ なぜ なぜ
     なぜ なぜ なぜ
     どうして なんにも変わらない

     なぜ なぜ なぜ
     なぜ なぜ  なぜ
     まだまだ なんにも変わってない

     なぜ なぜ  なぜ
     なぜ なぜ  なぜ
     いつになったら いつになったら

     せつなくなって
     しらず しらずになみだでてる
     しあわせになってと祈っています
スポンサーサイト

Comment

こんばんは。

だから、歴史に残る人は気高いのですね。
教師が説教くさい話しかしなかったので、
「まず自分が見習えよ」と思ってました(^^ゞ

何も変わってないようで、見えない何かは変わってきてるようですが、
まだまだだという思いは拭えませんね。
  • posted by 夢桜
  • URL
  • 2014.03/11 20:28分
  • [Edit]

Re: こんばんは。

 ほんと、愉快で楽しいわ。心が明るくなるコメントよ。

 「二宮金次郎さん」といって小学校には、石の像があったのよ。昔。
薪を背負って、本を読みながら歩く姿だった。
 でも、詳しくは知らなかった、先生の話なんて聞いていないわたし。
 
 ー立派な人ね。殿中でも、堂々としてた。というのはいいねー
 
 
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2014.03/11 21:55分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽