おばあちゃんのひとりごと

Entries

アインシュタイン「・・表現することのできない・・・」

「子育てのこころ」盛永宗興著より

 --仏さまはこの世に満ち満ちていらっしゃるーーー
  この世に満ち満ちておられるもの、その満ち満ちておられるものを「仏」といい
ます。そしてその「仏」がありとあらゆるものに姿を変え、かたちとかいろいろな法則
とかいうものーーー私たちの目や心に感じられるものとしてこの世に現れてきたもの、 
それを「法」といっています。

 ですから「仏さま」というのは、唯一絶対なものです。広大なこの世界に満ち満ち
ておられる、ただひとつの存在です。けれども、形の上から言えば、千差万別、男に
なり、女になり、お年寄りになり子どもになり、あるいは草になり木になりと、千差
万別の差別の姿で現れております。この差別の姿で現れているものを「法」というわ
けです。

 さきほどのアインシュタインという人は、今世紀最大の頭脳を持った人間と呼ばれ
るほどの偉大な学者であって、理論物理学の世界で相対性理論というすばらしい理論
を打ちたてましたが、晩年になってから「この世界というものは、たんなるもののあ
つまりでできているとは、どうしても思われない。誰が、どのようにしていらっしゃ
るのかは知らないけれども、なんとも表現することのできない、微妙な調和と秩序に
よって創られている」ということをいっています。

 すべてが仏の現れである以上、姿かたちはちがい、考えることもちがい、習慣もち
がっても、おたがいは赤の他人の寄り集まりではなく、ひとつの仏の現れとして、千
差万別の姿をもちながら、どうしようもなくつながっている。そしておたがいに補い
あいながら、おたがい助け合いながら、宇宙という大きな生命を支えている。---


 これが「僧」ということなのです。「僧」というのは、たんにお坊さんということ
ではなく、本来は「和合」とか「調和」とかいう意味をもっているのです。

 アインシュタイン博士が「たんにものの集まりではなく、この世界はものともの、
人と人、人ともののあいだに、なんともいえない妙なる秩序と調和がある」といわれ
たことを、仏教では、「僧」という言葉でいつています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


合田周平「はじめに言葉ありき」著より

 1876年に生まれた中村天風は、当時死病であった肺結核にかかり日露戦争で軍事
探偵をを務めたほどの強く勇敢な心が、自分でもあきれるほど弱くなってしまったこと
に愕然とする。あんなにも強かった自分の心が、体が弱くなったことでなぜこれほど
弱くなってしまったのか。

 天風は悶々と悩み、強い心を求めて宗教家や学者、哲学者に教えを請い、ついにはア
メリカやヨーロッパの近代思想までも求めて魂の遍歴の旅に出た。

 そして、偶然のことからインド、ヒマラヤの麓でヨガの修業をすることになる。

 ヒマラヤの大自然の中で、天風は宇宙には壮大な生命を育む創造と破壊のエネルギー
があることを直感した。そしてこのエネルギーは、人間の心の想いに従って極めて微妙
に応酬し、それは身体にまだ及ぶという心身相関の考えに至ったのである。その結果

「心身統一法」を創見することになるが、天風はそれを、日常どんなときでも、自分の
心に思うことを常に明るく、朗らかに、積極的にすることが大事であると易しく説いた。

 人生において哲学をもつことは重要である。中村天風の人間性に溢れた思想を実感し、
その片鱗を心に写し取って、自分なりの「一人称の哲学」を獲得する一助となることを願
う。

「心が強くなる言葉」中村天風著より

   うれしいのも、楽しいのも
   辛いのも、悲しいのも、
   みんな心なんです。だから、もしも、
   人間に心がなかったらどうなるだろうか。
   ということを考えてごらんなさい。


   人間の心は、
   人生の一切を
   よりよく建設する力があると同時に、
   また人生をより悪く破壊する力もある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポンサーサイト

Comment

こんばんは^^

幸福も不幸もない。
あるのは、目の前の出来事を感じる心だ。

誰の言葉だったかな?

起きたことを、幸福と思うか、不幸と思うかで、人生は違ってくる。
でも~、不幸、不運だとしか思えなかったのも、
仕方がなかったとも思ってしまうんです(^^;
  • posted by 夢桜
  • URL
  • 2014.03/29 20:18分
  • [Edit]

Re: こんばんは^^

 そうなのです。過程があって、今が有る。
 一足跳びにはいけないし、知っているからと言って、教えてあげることではないのよね。


その時 その時 一生懸命だったのだから、いいと思うのよ。
だって、結果よりも、過程が大事なのですものね。過程のなかに濃縮な人生のエキスがある。
それがあるから、心が育ったのですものね。

 経験した人生の中から、いろんな心が生まれ、ポジティブに生きる大切さを、知れることが
できたもの=わたしはね。だから小さな幸せが大きいことがわかるものね。
 当然の中にある幸せがわかる。有り難い。有り難い。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2014.03/29 20:51分
  • [Edit]

宇宙のしくみ

宇宙というのは、あらゆる、ひとつのものが、相互作用を有し、更なる、ひとつのものになろうとする、進化しようとする世界だと思います。あらゆる生物、あらゆる物質、あらゆる機械という、ひとつのものの内界には、相互作用を有した、結果という内部構造がある。だから、あらゆる存在するものは稼働しているのだと思います。そして相対する、ものが相対的な違いに、更なる結果(未来)を得る、そこに意識(更なる結果を認識する=自己)が、あるように思います。
化学には無縁の素人宇宙論ですが、気が向いたら読んでみてください。トンタマパール、と検索すると、宇宙のしくみ、と出てきます。
  • posted by トンタマパール
  • URL
  • 2014.06/15 17:39分
  • [Edit]

Re: 宇宙のしくみ

 ありがとうございます。難しいですね。
 「トンタマパ―ル」読ませていただきます。
 ありがとうございます。
 よおく考えてゆっくり何度も何度も読ませていただきまね。
 なんか、年を重ねるごとに、脳がなかなか働かないのです。
 宇宙って、なんか不思議ですよね。そこに意識があるって、なんかそう思えます。
 理解力が乏しくすみません。ありがとうございます。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2014.06/15 22:51分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽