おばあちゃんのひとりごと

Entries

思いだしひとり笑える夜



     笑えるドジなドジなお話だよ。まったく もう



     クラッシック聴くが大好きなのだけど拍手したいが疲れて泣ける


      クラシック聴く機会があれば 是非 是非

      出かけて聴いてみるといい

      素晴らしいのです

      指揮者のタクトで始まる動き

      指揮により曲が奏でられる

      ピアノ弾く指の美しさ

      バイオリン ビオラ チエロ コントラバス

      打楽器 金管楽器 そのほか

      曲により変わるいろいろな楽器たち なんにも知らないわたし

      昔 学校で習ったことしか知らないわたし

      音楽室に貼ってあった面白いヘヤ―の作曲者たちを思い出すくらい

      モーツアルト ベエートウベン ショパンまだまだあったなあ

      でも クラシックはなー さっぱり 知らなくてね

      心地よく ただただ 聴くが好きそれがいいのだ

      いいものはいいのだ いいものを聴き分けられる耳が欲しい

      そして 曲を覚えたいなあ

      もう わたしには 不可能だわ ガックリ

      





昨夜コンサートにチケットを頂き喜んで勇んで友達を誘い行きました。3人いい席でね満足してました。お休みタイムになりプログラムをみたら「調律師のお話」とあつたのです。もう コンサートの中に、お話があると思いこんだわたしは、想像が膨らむ 膨らむーーベーゼン ドルフアー、スタンウエイ・アンド・サンズ、カワイのピアノの3台のお話だと思いこんだのです。友達に「3台のピアノの話があるみたいよ。お名前が3人あるしねー」ーーー
ところが、ありませんでした。ドボルザーク・スラブ舞曲がはじまりましたようで3人のピアニストと交響楽団でした。あるわけないことを、ひとり考えては話し きっと 周囲の音楽知識の豊富な人は大笑いだったでしょうね

  まあ まあ ひとり 自分の馬鹿さに 恥ずかしさに 深夜 笑っています

  クラシツクは難しい☆大人しく☆聴いて誰かが☆拍手したら☆疲れても拍手を頑張ります      
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽