おばあちゃんのひとりごと

Entries

人は自分の愛する人からのみ学ぶことができるのだ。

「人生実りの言葉」中野孝次著より

ーー愛する者からのみーー

「否定的(ネガティブ)なものは何者でもない。悪いものを悪いといったところで、それがいっ
たい何の役に立つか」
                     エッカーマン「ゲーテとの退エア」

 ーー省略ーー

 若い時はしかしそれにもかかわらず、旺盛な攻撃欲にまかせて、他人をコテンパンに
やっけることに無上の情熱を覚えるものだ。わたしなぞもそうであった。口を極めて、
悪口を言い、徹底的にやっつけることが、正しいことだと感じていた。そうするのがむ
しろ若さの純粋性の発揮で、正義だとさえ思っていた。

 いつごろからそういう「悪いものは悪いという」行為の空しさに、わたしは気ずいた
ろう。そんなことをしても何にもならない、と腹の底からわかるまでに、ずいぶん時間
がかかったような気がする。中年になって、自分で仕事をし、ものを作りだすようになっ
て、ようやく本当に、そんなことはぜんぜん生産的でないと理解した。そしてそのとき
ゲーテのこの言葉が急に輝いて見えだした。

 亀尾英四朗の記念に、そこのとこるは彼の訳のままに掲げてみよう。

「いい影響を与えようと思ふなら、決して非難してはならぬ。誤ったことにもま
るで無頓着で、たえず善をこととしなければならぬ。何故なら、要は破壊するこ
とでなく、人類が純粋な歓びを感ずるやうなものを作り上げることだからだ」

 この単純な真理がわかるまでには、人は人生を長く生き、みずからたくさんのことを
経験しなければならないと、みずからのことを顧りみてわたしは思う。ネガティブなも
のは何ものでもない、ポジティブなもののみが人を元気ずける、とわかるのは体験によっ
てだけだ。

 ゲーテがエッカーマンにそういう話をしたのは、1825年2月24日ことで、そのあと
5月12日にも、彼はそれに関連ずけるようなことを言っている。

 「つまるところ」とゲーテはつずけた、「人は自分の愛する人からのみ学ぶこと
  ができるのだ」

 憎んだり、否定したりする人からは、何も学ぶことができない。これはわれわれ自身
の体験に照らしてもそのとおりだとわかる。それに対し自分が愛した人、愛する作者や
思想家からは、それと自覚しなくても、いつのまにか、物の見方、感じ方、考え方など
においてその人の影響を大きく受けている。ときどき自分で無意識に言ったり書いたり
したことで、これはあの人から来たものだ、と自覚することはしばしばある。人はたし
かにその愛する者からのみ学ぶのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「人は自分の愛する人からのみ学ぶことができるのだ」

 なんか、胸にジーンときます。確かに無意識のうちに、そうしているのか、そうなって
いるな。とこれを、読みながら感じています。

 中村天風師のことばを。

  どんな場合にも
 「こまった」「弱った」「情けない」
 「腹が立つ」「助けてくれ」
  なんていう消極的な言葉を
  絶対に口にしないことです。


 
スポンサーサイト

Comment

なるほど。深いですね^^

あぁ! 「腹が立つ」は、よく言っちゃう!
気を付けなければ!!!

「人は自分の愛する人からのみ学ぶことができる」
本当に、そうだなぁと思いました。
いけ好かない人からは、
「学ぶ事なんか何もない」って思っちゃいますしね(^^ゞ
  • posted by 夢桜
  • URL
  • 2014.03/24 21:06分
  • [Edit]

Re: なるほど。深いですね^^

 ありがとうございます。
 やはり、愛ですね。愛されて、愛するならば、心は素直になりますものね。
愛によって、心の根本は素直になれる。じゃあないのかしら?ね。
 愛は素直な心を育てると思うな。だから

      愛する人からならば学べる~のよね。
 
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2014.03/24 21:45分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽