おばあちゃんのひとりごと

Entries

自分の命を生かしてるではない・・・

「たった一度の人生だから」日野原重明
                 星野富弘

  前向きに何かを期待する気持ちがあるのなら
  心が健康だということです。
  健康感をもつことがとても大切です。
               日野原

        人は病むことや悩むことによって
        感性が磨かれていきます。
                   日野原

   人間というのは
   どんな時でも喜べるんだなあ。   
              星野


      私たち人間はいずれは「死ぬ生きもの」なのです。   
      ……死を受け容れながらも、その日が来るまで、
      きょうをどのように生きようかと考えるのが
      深い生き方ではないでしょうか。
                      日野原

   自分のためだけに生きようとしたときは、ほんとうの意味で
   自分のいのちをいかしているのではない。
                          星野

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 今日は、晴れていたので、歩いて遠出した。桜を見て、香り椿の咲く店の前
で、三色あったのよ。色が美しい鉢植えの「香り椿」をながめさせて頂いた。
いつもはバスで行くのを(バス停5つくらいかなー。地下鉄で2駅)歩いたわ。
 たまに行く店でひとりランチしたら、いつもその店の人は、私にみんな優し
くして下さるの。有り難い。有り難い。抽選券をバサッと下さったの。でもペ
ットボトルが4本あたっただけで、あとポケットティシュがいっぱい。6枚で1
回ひけるだったので、60枚位下さったのよ。でも、なかなか、よほど運が悪い
のか、当たらないものだわ。ひとり笑えてしまって!可笑しいでしょ。
 でも、くれた気持ちが嬉しい。(可哀想なおばあさんとおもってるかな?)

  短歌

  幸せは心が決めると日日思う 幸せ感じて今日も生きおり

  去る友も来る友もありそれも友それで落ち込みそれで元気なる

  バスからのビルの谷間で見える桜一瞬なれどハッと美し

  夕方に友よりの電話寂しげで暫く話すを聞きつ慰め

  姉よりの手紙がとどき嬉しくて慌てて封を開けて読むなり

  
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽