おばあちゃんのひとりごと

Entries

人間には誰にでも「いやな人」がいるんだ・・(おとなの処世術)

「がんばらない。がんばらない」ひろさちや著より

ーー怨憎会苦ーー{いやな人}がいるのはあたりまえ

 わたしたちは、誰も嫌いな人を持っている。憎んでいる奴がいる。そんな
に嫌っているわけではないが、どうも相性の悪い人がいる。会ったあとで。
「会わなければよかった」と思う相手がいる。一口に言って、
――ーーいやな奴ーーー
 がいるのである。いえ、わたしにはそんな人はいません。……と。上品ぶる必
要はない。仏教の開祖の釈迦は、人生の「苦」の諸相を説いたなかで、

「愛別離苦」(愛する者と別離せねばならぬ苦るしみ)
 の次に、

「怨憎会苦」(怨み、憎む者に会わねばならぬ苦しみ)
 を挙げている。怨み、憎む者がいることを、釈迦は自明のこととしておられ
るのだ。
 
 とこるで、わたしたちおとなは、この「いやな人」とつきあわないですむ処
世術を知っている。なんとか口実をつくって「いやな人」を敬遠し、いやな奴
とはできるだけ一諸にならないと工夫をしている。
 おとなは処世術を知っているから、それでいい。かわいそうなのは子どもだ。
子どもは学校で、どうしてもいやな奴とつきあわされるのだ。
 そういう子どもを、どうしたら救ってあげられるのだろうか。抜本的解決で
はないが、

ーーー人間には誰にでも「いやな人」がいるんだ。---
 
 ということを、親も学校の先生も、しっかりと、認めることである。いやな奴が
いることを「あたりまえ」にせねばならない。そうでないと、子どもはノイローゼ
になってしまう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   

     すぐれたところがありながら疎んじられる人がおり、欠点
     だらけでも好かれる人がいる。
                   ラ・ロシュフーコー


 怨み、憎む、愛かあー、相性、いろいろあることでしょうが……。
 こういうのを読むと「そうかあーー。いやな人?」わたしもそちらの「いやな人」に
なっていたら、困っちゃうなあーーなんて、思ってしまうのです。ーーー

 しかも、理由も無く嫌われることほど、辛いことないよね。相性だなんてね?
  
 いいところを、見つけて、いいところだけ見れる人でありたいね。……
 
 そうやって、いきたいなあーーそう出来たらいいなあーー。

 わたしは子どもたちに、話したい。
 
「自分がされたらいやだと思うことを、相手にしてはいけない」

 


      人間は天使でもなければ、獣でもない。だが不幸なことに、
      人間は天使のようにふるまおうと欲しながら、まるで獣の
      ような行動する。
                       パスカル「パンセ」

 

 

 
スポンサーサイト

Comment

私は、ちょっと違います(^^;

嫌だと思う事は、人それぞれだから一概には言えないけど、
自分がされたら嫌な事は人にしてはいけない、
自分が言われて嫌な事は人に言ってはいけないと、
子供達に、ビシッと言いました^^v
そう言えば、
「母親だって人間だ。いつもいつも観音様のようにいられるか!」
と言った事もありましたねぇ(^^;

会った瞬間、「合わない」「付き合いたくない」と思ってしまう人に、
たまに遭遇してしまいますが、
そういう場合、多分お互い様で、向こうもそう思ってると思います^^
子供達が小学生の頃、
「みんな仲良くなんて、無理。だけど、嫌いな理由がないなら、
 無視してはいけない。最低限挨拶はしなさい」と言いました。
なにせ、私が好き嫌いがはっきりしてるものでして、
馬が合う、合わないというのはあると、思ってるんです。

気心の知れた人が何人かいれば、それで十分だと思ってるんです^^
  • posted by 夢桜
  • URL
  • 2014.04/05 21:00分
  • [Edit]

Re: 私は、ちょっと違います(^^;

 ありがとうね。そういう生き方がいいよね。
  
  わたしはーー
 (選択の余地なし……の人生だったからね。すべてに……)
 (狭すぎる、小さな世界のなかで……)すんじゃったわ。
  だから、「いやな人」なんて思ってはおられない。
  まあーー考えれば、そんな人生も、いいかあー忘れようーーすべてをーー。
 
 あなたは、ちゃんと子どもさんを、教え育てて、いいお母さんだわあーー。
 それがいいのよ。
 そういうことが大事なのよ。
 だから、おもいやりのある、お母さん思いの、優しい子らだわ。
 有り難いことよ。とてもいいことだし、有り難いことだわ。
 幸せよね。

 わたしも、しあわせ。
 子らは……。ね。気がついたら……。
 自分で育ってて、くれてたわ。
 わたしはなんにもできずだったけど。
 子らや、孫らに、満足 満足なのよ。
 もう 有り難い 有り難い。ただ ただ 感謝の私なの。
 


 

  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2014.04/05 22:08分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽