おばあちゃんのひとりごと

Entries

「我、足利尊氏にかなわざるもの三つあり」名僧・夢窓疎石・

「十八史略の人物学」伊藤肇著より
ーー足利尊氏の器量ーーー

 戦前の教科書では、「足利尊氏」は逆族と教え込まれたが、どうして、どうして、尊氏
また一個の英雄であり、武将としても政治家としても傑出していた。

 尊氏の師は夢窓疎石だったが、この名僧が
「我、尊氏にかなわざるもの三つあり」
 と、兜を脱ぐほどの器量をもっていた。
 
ーーほとんど省略ーー
 
ーーその三つーー
 
      第一は「戦場にのぞみて恐怖の色なし」
 
      第二は、「吝」をすることなし」

      第三は、「依枯の心なし」

 「吝とはどういうことか」杉浦十剛

   己に倹にして人に倹ならず。これを愛という。

   己に倹にして人に倹なる。これを倹という。

   己に倹ならず。人に倹なる。これを吝という。

「自分自身は質素倹約を旨として、つつもしやかな生活を送っているが、人にはそれを強
制しない。これを愛という。
 そして、自分もつつましい生活をしているが、人にもそれをやらせる。これを「倹」と
いう。
 最も程度の悪いのは、自分は贅沢三昧をしているくせに人には倹約を強いる。これを「吝」
という。

この「吝」ということが、いかに人間をダメにし、仕事をダメにするか、ということを孔子
も指摘している。
<周公旦ほどの才能と魅力があっても、人を侮る気持ちがあつては、有為の人材は、その人
のために力尽くさぬだろうしまた、者を吝んで、与うべきものを与えないようでは、民衆は
決して働かぬだろうから、たいしたことはできない。

 かなわざるもの第三は「依枯(ェゴ)の心なし」
 自分の感情を完全に意思の統制下に置くことは非常にむつかし。古来。
「一視同仁<誰彼の差別なく同じように愛すること>は王者の態度」と言われる所以である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ☆差別なく愛すること☆ 
 差別なく愛することは、日々心掛けないとなあー。
 依枯(一方にひいきすること)の心もあってはならない。そして、
 この「吝」は心にズシンと痛みます。分からないかなあーだけど……。
 人は何気なくこの「吝」「依枯」・・・傷つくものです。
 
 
 
スポンサーサイト

Comment

理想は遠い。

「吝」の人を、二人程知ってます。
つまらない人です。

差別なく愛する事は、私には不可能です(^^;
人によって態度を変えないというのは理想ですが、
人間の器が小さいので無理です。
どちらかと言うと、差別と言うよりは「区別」してしまうんですが☆

依怙贔屓する教師なんて、ざらにいましたよ。
それを隠そうともしない教師もいました。
自覚のなさそうな人もいましたけど、
どちらにしても、「いい大人」ではありませんね。
  • posted by 夢桜
  • URL
  • 2014.04/12 20:26分
  • [Edit]

Re: 理想は遠い。

こんばんわ。ありがとう。そうね。心して「吝」「依枯」努力しても、人から見たら
全然成ってないことあるものね。好きな人に、恋するのと同じよね。自分ではわから
ないようにしていても、周りの人には、ちやんと、見えてる。アッハ。アツハ。
 恋なんて? 台湾ドラマ、見てて、つい、フッとおもちゃいました。
 マイク・ハーが出てたーー?可笑しいでしょ。
 話しは変わるけどーー
 だから、ホント、難しい。だから、それなりに意識してしたいなあーー。

 むかし、とても、悲しい思いをさせてもらいすぎたからね。まあーー笑って、すべ
て、忘れて、それなりに、わたしなりに頑張ろう――。かなあーー。

 
そうそう、いい大人になりたいけれど、年ばかり重ねてるわ。---。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2014.04/12 21:39分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽