おばあちゃんのひとりごと

Entries

天知る、地知る。子知る、我知る。

中国古典による「一日一言」守屋洋著より

 …天知る・地知る・子知る・我知る・

 後漢王朝の時代、清廉で知られる楊震という人物がいた。東莱群の長官に任命されて赴
任する道中でのこと、むかし目をかけてやった王密おいう男が面会を求め、世話になった
お礼だと言って、金十斤を贈ろうとした。むろん、今後ともよろしくという意味がある。
楊震が断ったところ、王密は、

「こんな夜更け。このことはあなたとわたしの二人だけしか知りませんから」

 と言って置いていこうとする。すると楊震は、

「誰も知らないことはあるまい。まず、天が知っている、地がしってる。それに、そなた
も知ってるし、わしも知ってるではないか{天知る、地知る、子知る、我知る)」
 王密は恥じ入って引き退ったという。

 この話は、楊震の「四知」としてしられている。官職にある者は、このくらいのきびしさ
が望まれるのかもしれない。そしてこれはまた、悪事はいつかは漏れるという教訓でもある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 この話は昔読んでいいなあーと思い、心においておきたいものでした。
 そのときは、確か「天知る、地知る、君知る、我知る」でした。意味は同じだわ。

   もう むかし むかしになったな

   わたしが嫁いだとき
   こしのまがったおばあさんがおられた
   おばあさんは心優しく温かい人でした

   嫁ぎなんにも知らない嫁だったわたし
   大家族の中でなれずに難儀なことでした
   おばあさんはいつもかわらぬ優しさ

   おてんとうさまはいつも見ておられる
   守っていて下さるありがたいと手を合わせ
   太陽に月に「なんまんだぶ ありがとう」
   
   若く無知だったわたし
   無知であるかもわからないほどで
   なぜ なぜ 認められないのかと泣いた

   笑い幸せだった日々も遠くなり
   泣いたり、苦しんだ日々は忘れ
   いまの幸せにお礼をいう
   
   おばあさんのように手を合わせ
   なんまんだぶつ ありがとう
   おばあさんがしてたように 老いの日々ゆく
   
   
   

   われわれは、天地の恩、人間の恩、道の恩、教えの恩、
   など、あらゆる恩の中にあります。これは絶えず、報い
   てゆくのが生活であります。
                      安岡正篤 

 


これは大好きなので、もう一度、ぷれびゅーします。
スポンサーサイト

Comment

こんばんは^^

長男が中学生の頃、反抗期で生意気で、憎たらしい頃、
この言葉を教えました^^
「誰にもバレないと思ったら大間違いだっ!」と。
誰も知らなくても、自分だけは知ってる。
その自分さえ欺いても平気になったら、人間は終わりだと。

先日、同じような話をした時に、
「結局、ほんとの事だけ話すんが楽なんよ」と言うと、
「うん、それは、よう解った」と言ってました^^

ちょっと嬉しい出来事でした^^
  • posted by 夢桜
  • URL
  • 2014.04/19 20:39分
  • [Edit]

Re: こんばんは^^

 私の大好きな言葉なのよ。
 自分がちゃんとできてなくても、それを知ってるだけで、いいの。
あなたは、しっかりしておられるからいいよ。わたしなんて、変に、
頑固であり、そうかと言って、だらしないところがあり、今日も、し
みじみと、その友と話しながら思ったのよ。

 わたしは、先生にはなれなくて、もしトップになっても、きめ細か
い補佐が必要なひとだなあーー。?って”!
 自分の弱点を知ってるわたし。なのです。

 でもこの「四知」って、いいよね。出来ても、出来なくてもいい。
 誰も知るべきよね。アッハ アッハ。そう思うわたしです。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2014.04/19 22:02分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽