おばあちゃんのひとりごと

Entries

一度くらい大臣にしてくれてもいいじゃありませんか。

「十八史略の人物学」伊藤肇著より

 ーー李克の残した三つの教訓ーー

 李克ほど次元は高くないが、平民宰相といわれた原敬の子分ムトキン(武藤金吉)なる人
物がいた。
 原敬が宰相となって、組閣するたびに「今度こそは自分を大臣にしてくれるだろう」と期
待に胸をはずませるが、いっこうにしてくれない。
 とうとう、しびれをきらして「先生、私もずいぶん、長いこと陣笠をやっていますが、も
うぼつぼつ、一度くらい大臣にしてくれてもいいじゃありませんか」と泣きつくと、原は、
きっと居ずまいを正して言った。
 「ムトキンよ、わしはおまえのためなら、何でもやってやりたいと思うとるが大臣だけはい
かん。大臣というものはの、おのずから、それだけの資格がいるんじゃ」
 まさしく、これは、原敬の識見である。

 西郷南州遺言も、その点を厳しく指摘している。

「国に功労ある者には賞(金とか物)を与えよ。功労あるからといって地位を与えてはならな
い。地位を与えるには、自ずとその地位に相応しい見識がなければならない。功労あるから
よいって、見識なきものに地位を与えると国家崩壊の原因となる」

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  今日は雨でしたね。いちょう並木の新緑が一層に美しい。雑草も元気。水たまりが、舗道に
できていて、雨が落ち水の輪っていうか、綺麗なのです。雨の散歩も楽しくて、バシャバシャと
水たまりに入るのです。面白いおばあさんなのです。

 ところうがボンヤリで地下街をいっぱい歩いて、ふと。傘を何処かに忘れて……。あーあです。
ずーと歩いたところを思いだし、頭で考えたのです。ハァッと思いだせた。

 休憩に座ったことを思いだし、探しにいったら、若者がその椅子で居眠りしてたので、そおーと、
とってゆく私を、となりの若い女性が不審げに見てた。説明もおかしいので、まあー自分のだから
いいか。ーーー
 思い出せただけいいか。まだ まだ、ぼけてないかあー。あぶない。わたしです。ひやり!

  あーあ・老いてるな

   なんとなく笑える
   ぼんやりしてるな
   知らぬうちに
   
   なんとなく
   老いているんだ
   気持ちは若いつもり

   なんとなく
   自分のことわかったな
   しっかり老いてるな

   なんとなく
   ハッキリ感じた日
   自覚しなくちゃね

   わかっちやいるが
   わかちゃあいなかったな
   わからないとね
スポンサーサイト

Comment

なるほど。

賞を与えよ。地位を与えてはならぬ。
これは、深いですね。
言葉を変えれば、応用出来そうです。

傘、ちゃんと思い出せて、ちゃんと持って帰れて、よかったです^^
雨が止むと、傘の存在を忘れてしまう人は多いです。
電車の忘れ物で、一番多いのは傘だったと思います。
だから、気落ちしないでください^^
景色に見惚れてたから、つい忘れちゃっただけですよ^^
  • posted by 夢桜
  • URL
  • 2014.04/22 19:21分
  • [Edit]

Re: なるほど。

 こんばんわ。わたし、これは、そう思うわ。
 地位をあたえてしまうと、その権力が加わるものね。
 お金とか賞なら、その時だけですむから、だからねーーー。

 ボンヤリになったわ。なんていうか、一つ、また、一つ……・
その老いを、自覚させられるのよね。気持ちだけは、笑えるほど
に、若い。仕方ない。それ以上の失敗がないように、自分に、
「ファィティン」

 ありがとう。慰めて下さってね。がんばるわ。


  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2014.04/22 20:55分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽