おばあちゃんのひとりごと

Entries

「十八史略の人物学」伊藤肇著より

ーー 当代一流の歌人は俺だーー

 ならさかの いしのほとけの おとがいに こさめながるる はるはきにけり

 ゆうされば きしのはにふに よるかにの あかきはさみに あきのかぜふく

 すべてひらがなで幽遠な風情を詠んだ会津八一は、早稲田大学の文学部の教授を
していたが、あるとき 講義の最中にきた。
 「当代、第一の歌人は誰であるか?」
 うっかり返事はできないので、学生たちは皆黙っていた。
 やがて、会津八一は言った。
 「当代、第一の歌人は斎藤茂吉である」
 「どうしてですか」誰かがきいた。
 会津はすました顔で言ってのけた。
 「斎藤茂吉は、この会津八一を認めた最初の男だからである」
 学生たちは、あいた口がふさがらなかった。それでは、自動的に会津八一が当代一
の歌人ということになるのではないか。
 会津八一は、学生たちの口があいたままふさがるまいが、ふさがろうが、全く意に
介していない。問題にしてないのである。学生たちがあいたり、しまったりする度に
身を細くしている当代の大学教授などとは、まるで人間の格が違うのである。

 こんな応対辞令もあった。
 会津の家に学生たちが遊びにゆくと、どてらを着て玄関に出てきて「何しにきた」と
きく。何しにきた、といわれても、学生のことである。特別の用事などがあるわけがな
い。へどもどして「別に用事はありませんが……」というと、大喝一声「用事がなけれ
ば帰れっ!」こんなことに驚いていては、会津家の敷居はまたげない。
 図々しいのがいて「先生のお宅は用事がなくちゃ着ていけないですか」と開き直った。
すると会津は、その学生の顔をじっとにらみすえることしばし……やがて破顔一笑する
と「そんなら あがれ!」
 あがれば、非常に学生を大事にした。
 こういう面白い教授が影を没してきた。それだけに今の学生をは不幸である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  よく運が良い悪いと言いますが、運のいい人というのは、
  考え方が前向きです。運の悪い人というのは、自分を棚に
  上げて人の批判ばかりしています。そういう人は、知らず
  知らずに運を悪くしています。
                       稲盛和夫


  畏友と呼びうる友を持つことは、人生の至楽の一つといっ
  てよいだろう。つまり、畏友とは、自分が常に「及びがた
  し」との考えを抱いている親友のことだ。
                        森信三


  丸い卵も切りよで四角、物もいいよで丸くなる。
                     日本のことわざ

 
        ひとっていいものよ{

      
        人というのは ふしぎなることよ
        おもしろきものであり、おかしきものよ        
        どんな時代も同じだろうな
        大体の人は 先ず
        あった瞬間 全体ををとらえ
        まずは顔を見
        そして着てるものを見
        持ち物を見
        なんとなく自分なりにその人を品定め
        そうじゃあないだろうか
?       
        もっと 人となりをみたいなあー
        感覚的にとらえ
        その人の魅力を見つける
        そういう人でありたいなあーー
        寂しさをかかえる人にはほほえみを
        心温くきひとには喜びを
        短気らしさを感じたらゆっくりゆったり
        ネガティブなひとにはポジティブになれるよう
        それがいいのだけれど難しいかあー
        快くおあいしたいものです この人生

スポンサーサイト

Comment

こんばんは^^

教授だけでなく、
こういう面白みのある大人がいなくなったと思います。
だから、世の中、ギスギスしてるのかな?
  • posted by 夢桜
  • URL
  • 2014.04/26 20:44分
  • [Edit]

Re: こんばんは^^

こんばんわ。ありがとう。会津八一さんは、素敵な方だわ。
生涯 ひとりの方を愛されてね。色んな人生よね。
 一生は一回 いいよね。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2014.04/27 03:02分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽