おばあちゃんのひとりごと

Entries

念仏を強いて唱すもいらぬこと、極楽を通り過ぎては、

「さわやかに
死を見つめる
 80の話」  公方俊良著より

 ーーもし、極楽を通り過ぎてはーー

 京都の豪商角倉家の主が、桃水和尚のうわさ話を聞き、自宅に招いてもてなし教えを請い
ました。
 「私も座禅をしてみたいと思いますが、どのような心がけで行えばよいのでしょうか」
 すると桃水が答えていいました。
 「醤油は、土用のうちに造るのがよろしく、味噌は、寒のうちに造るのがよろしい」
 商家の人に向けた、実に的確なわかりやすい教えです。醤油を仕込むのは、夏の土用つ
まり、立秋の前の十八日間が醸造の発酵に適しており、味噌の仕込みは、寒つまり、小寒
(一月五日頃)から立春までの一ヶ月間がよいとされています。ですから、座禅をやるにも
時機をとらえ、やろうと思ったらすぐ行なう、毎日継続して行える時間帯を選ぶことだとい
う指摘です。
 主はこの答えにたいそう感じいったといいます。
 ある日、門倉家の使用人が桃水の庵を訪ねきていいました。
 
「私は、念仏宗の信者で、毎日暇さえあれば何万遍も念仏を唱えています。この功徳で
死後は極楽に往生したいのです。まだ私がやるべきことで、欠けていることはないでしょ
うか。ご教示いただければと存じます」
 すると、桃水が傍らにあった紙に、筆で歌を書いてその男に渡しました。

  ”念仏を、強いて唱すもいらぬこと もし 極楽を通り過ぎては”

 大変面白い教えです。
 念仏とは、元来仏を念ずることで、仏の理法を念じる法身の念仏、仏の相好や功徳を念
じる観念の念仏、仏の名を唱える称名念仏などがありますが、浄土教の隆盛に伴い、念仏
の対象は阿弥陀仏に限られるようになりました。
 善導以後は、称名念仏のみで浄土に往生できるとされ、わが国であは平安末期から、念
仏を繰り返す専修念仏が重視されるようになりました。

 念仏を唱えれば極楽に往生できるのですが、多く唱えるほど功徳が多く、確実に到達でき
ると思ったのでしょう。しかし効果がありすぎて極楽を通り過ぎては意味がありません。
 ほどほどにという桃水の教えのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 面白いですよね。念仏がよいといえども、そればかりであっては、生活さえも、ままならず
になりそうです。きっと、それを、いいたかったのかなあーーなんて思う私です。

 極楽にいきたいからかあー?そのためにかあー。それも「夢」かなあー。

 今日朝、阿川佐和子さんと、安藤忠雄氏の対談を見ていて、たのしかったのです。

 やはり、その道において成功なされた方は、何かがちがうなあーーと感じいりました。

 その「夢」に対する熱意が若い頃からいいものなのです。だから、こうして叶えられる
ものなのかがわかる気がしました。そのための努力を、考えられてでしょうが、なんか、
向かううちに、道が自然にできてゆくのだな!と思う。

 {勇気と闘争心と情熱}といっておられました。

 若い方たちには、いろんな「夢」をもって、それに向かっての、勇気を持って頑張って
叶えて欲しい。

 私は一生は一回であると言うのも、若い頃考えずにきて、今になって、勿体ない人生に
していまったなあーーなんて、思っているのです。

 なせばなる なせねば成らぬ……。以前のわたしだったなあー。

 
スポンサーサイト

Comment

好い加減、ですね。

命を繋いでいくのも、大事なことです。
そうでなかったら、日本人は絶滅してしまいますもん!
日本絶滅の危機を救ったのです。大事業です!

人に嫌がらせをした後で、
「なんまいだ」と言う人がいるんですが、
あれは無駄だと思うのです。
仏様はお見通しだと思うんですよねー。
念仏を言うくらいなら、嫌がらせをしない事です。
本末転倒ですね。
  • posted by 夢桜
  • URL
  • 2014.04/26 20:50分
  • [Edit]

Re: 好い加減、ですね。


 あなたは、いいなあー。素敵よ。
 しっかりせねば……。ね。ありがとう。感謝。
 私は考えもなく、虚しい。アッハ。アツハ。

 出会えて、元気出る。ありがとう。

  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2014.04/27 03:14分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽