おばあちゃんのひとりごと

Entries

立派な藩主あり、立派な部下あり

「人間の器量」童門冬二著より

 {部下に泣かれる人徳をもて}    -津軽信政ー
 津軽藩主だった津軽信政というひとの話(17世紀末から18世紀初頭)

 福士という侍がいた。やはり罪をおかして「追放」の刑になった。家族も同行しなければな
らない。ところうが、福士の妻はちょうど腹が大きく、産み月だった。
 追放実行の責任者は目つけの館山という男である。藩命は「たとえ腹が大きくても、即時追放
せよ」である。
 が、館山は亭主だけは藩外に逐うと、その妻をひそかに自宅に連れてきた。そして温かく世話
をし、無事に赤ん坊を分娩させた。このことが洩れ、重役はまた信政に判断を求めた。重役とし
ては、館山を罰する、という意見である。
 が、信政は首をふった。そして、こういった。
 「館山は、私を人非人の立場から救ってくれた恩人である。罰してはならぬ。召し出して、さ
らに重い役につけよ」
 あるとき、信政は「今日は友人の大名によばれたので、夕食はいらない」といって邸を出た。
ところうが、相手の都合が悪くなり、信政は急に戻ってきた。そして「夕食をくれ」といった。
台所では用意していない。信政はいらないといったからだ。
 怒った信政は側近の間宮という侍に「膳部役人はふとどきだ。誰だ!……」と聞いた。間宮は、
「知りません」と答えた。信政は、「すぐしらべろ」といった。間宮は、じっと信政をみつめ、
やがて「では、私宅に戻ってしらべます」と応じた。
 その表情をみて信政はすぐ「待て、間宮」といった。そして「私が悪かった…もうしらべなく
てよい」といった。
 間宮は信政に「なぜ、急にお気が変わりましたか?」ときいた。
 「お前は台所役人が誰か知っている。しかし、あくまでもかばおうとした。そして、長屋に戻っ
て自分の腹を切る決意をした。そんなりっぱな男を失うわけにはいかない。ゆるせ」
「………」
 間宮はだまって平伏した。肩が揺れ出した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


  世界中の誰もが自分を称揚しても、私は独り静かに満足し
  て座っている。世界中の誰もが私を見捨てても、私は独り
  静かに座っている。
                  ホイットマン

 
      
       若いつもりだった

       そのときどきに
       老人になったなあーー
       あれって?

       それを自分が分かるから
       可笑しくて笑える
       ときどきが いつかいつもになって

       老人なんだな
       自分が知る 老人って気がつくの
       若いつもりだった 

       ふっふ ふっふ
       気持ちは若かったな
       アッハ アッハ     
      
スポンサーサイト

Comment

いいお話です。

年齢を重ねてきたなぁという自覚があるのは、
素敵な事だと思いますよ^^
うちの父は、もうすぐ80になろうというのに、
ち~っとも自覚がないようなんです。
こういう人が、大怪我をするんでしょう。

無理はしないで、気持ちは若く♪
それがいいと思います^^

それにしても、いい主従関係ですよね。
男が男に惚れるって、こういう事を言うんだろうなぁ。
今日も、いいお話を、ありがとうございました^^
  • posted by 夢桜
  • URL
  • 2014.04/28 20:43分
  • [Edit]

Re: いいお話です。

 いい関係だよね。お互いが、誠実で思いやりがあるのでしょうね。
なんかにかいてあったけれど
     
     頭の良し悪しというが、それ    
     よりも、根本的に大切なのは
     性情の良し悪しである。
            安岡正篤

 本当にそう思う。心のない人じゃあ、いくら頭が良くてもね。
 愛情があるひとがいいね。

 愛情が少しでも、感じることがあったらいいよ。「桜の木」あるよ。
きっと、寂しい人生だったのよね。あっと、私が偉そうに「ゴメン」ね。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2014.04/28 22:36分
  • [Edit]

はじめまして。

 
 おはようございます。
 はじめまして。
 ご訪問いただきありがとうございました。

 なんてステキなフェアリーグランマさま。
 思わず、コメントなぞ入れさせて
 いただきました次第です。
 本文もそうですが、コメントのお言葉の
 選び方、文章がたいへん可愛らしく
 (目上の方に失礼いたします。)
 母と同年代のフェアリーさまのファンに
 なってしまいました。
 これからも、優しく凛と、そして
 可愛らしいお言葉を紡いでください。
 
 お邪魔いたしました。
 風邪が流行っているようですね。
 お体、ご自愛くださいませ‥。
  • posted by あべまる
  • URL
  • 2014.11/27 06:28分
  • [Edit]

Re: はじめまして。

>  
> こちらこそ、よろしくお願いいたします。
 ありがとうございます。
> コメントありがとうね。優しい心が感じられて、心が楽しくなり、
嬉しく読ませていただきました。元気がでました。
  
 ちょっと わたし 変わってるかも……?
 
 なぜって、幼稚な部分が多くてね。自分でもときどき、あれって?
おかしいことに気ずいてね。 ハッとし……。
 ひとりというに、ひとり声出して笑うのです。馬鹿みたいって!
 
 あなたに見抜かれたみたいね。ハッハ ふふふよ。すましてたんだけどな。
いい言葉にすると素直なんです。単純です。だから、ゆえに 失敗するのよ。
 
 だから いつも 「笑って許して!」 なんです。

 わたしの日々。
 
 ニュースを見ていても、ひとりで涙し、ひとりで手を叩いて喜び、
誰か傍で、私を見ていたら、それだけでびっくりでしょうね。 
> 
 きっと、不気味になるかも。
 
 ほんとうに、面白い老人で楽しく過ごしてます。
>  
 今日は、コメントを、ありがとうございました。感謝します。
  
 どうぞ あなたさまも お体を大事になさってね。


  
>  
>
>  
>
>  
>  
>
>
>  
>  
>  
>
>  
>  
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2014.11/27 20:12分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽