おばあちゃんのひとりごと

Entries

しわだらけのおばあちゃんマザー・テレサが美しい

「人生、心がけ」庭野日敬著より

 {今日なすべきことをなせ}

 ノーベル平和賞を受賞したマザー・テレサは、インドのカルカッタで、住む家もな
く、食べるものもない最も貧しい人々の 「母」となって、自分の一生を捧げておら
れます。その奉仕に徹しきる姿を映画に撮った監督の千葉茂樹さんは「フィルムの
編集をしているうちに、しわだらけのおばあちゃんが、これほど美しい人がほかにい
るだろうかと思えるるほど美しく見えてきた」と言うのです。
 マザー・テレサにみとられ、話を聞いてもらう人たちは、「神は自分のことを愛し
ておられる」「神は私の言うことに耳を傾けてくださっている」と、はっきり感じる
のだそうです。そして、テレサさんの手に抱かれて息を引きとるとき、「私は生まれ
てきてよかった」というひとことを残してゆくというのです。
 「死ぬことはこの世から消えてなくなることではなく、その人間が生きてたという
事実を証明するものなのだ。死は人間の一生にしめ括りをつけ、その生涯を完成させ
るものなのだ。消滅でなく完成だ」と言われたのは作家の山本周五郎さんです。
 自分の命が永遠に伝わっていくことを信じられてこそ、「もういちど生まれ変わっ
てまいります」「もういちど出直してまいります」という言葉を残して安らかに別れ
を告げることができるのではないでしょうか。

 お釈迦さまは、こんな言葉を残しておられます。


     過ぎ去れるを追うことなかれ。
     いまだ来たらざるを念うことなかれ。
     過去、そはすでに捨てられたり。
     未来、そはいまだ到らざるなり。
     されば、ただ現在するところのものを、
     そのところにおいてよく観察すべし。
     揺らぐことなく、動ずることなく、
     そを見きわめ、そを実践すべし。
     ただ今日まさに作すべきことを熱心になせ。
     たれか明日死のあることを知らんや。
     まことに、かの死の大軍と、
     遇わずというは、あることなし。
     よく、かくのごとく見きわめたるものは、
     心をこめ、昼夜おこたることなく実践せん。
     かくのごときを、一夜賢者といい、
     また、心しずまれる者はいうなり。

00000000000000000000000000000000000000000

私が思う幸せの一番条件は、家族が元気に楽しく生活していてくれることです。
           
           それから それから
           なんだかんだいっても
           
           過ぎ去りし過去は忘れる。
           今からは 夢への一歩また一歩

           未来はこれからなんだから
           今 この一瞬 現在が大切なんだな
           
           気をつけようかなあ―
           素直に、謙虚に 驕ることなく
      
           そうやって 歩いていきたい
           すべてに感謝し、明るく 楽しんで 生き生きと

           百歳までいきたらどうしょう? じゃあなく
           張り切って お世話をおかけしないよう
           
           しっかりと 喜んで生きなくちゃあ
           「私も 生まれてきてよかった」
            
           ……って、ハッキリ伝えられるように
             そう できるように、遠い未来の私へ
  

                      

           


                      
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽