おばあちゃんのひとりごと

Entries

「ここに生き神様が…」ロダンのことを言った、詩人リルケの言葉

「小さな人生論」藤尾秀昭著より

ーー「我流」を行くーー

 無名の彫刻家ロダンは孤独の中で黙々と修業を積み、密かな成熟を遂
げた。そして1864年、24歳のとき、一つの作品を発表する。
 「鼻のつぶれた男」である。だが、ロダンの成熟は当時のサロンには
理解されなかった。作品は落選した。ロダンはふたたび沈黙する。この
沈黙はそれからロダンが若者の像「青銅時代」を発表して世間の注目を
集めるまで、実に13年も続くのである。

 20歳を過ぎたばかりで神経衰弱を病む。これもまた無名だったドイツ
の詩人リルケが、パリ郊外にロダンを訪ねたのは、ロダンがその地位を
確立していた1902年だった。リルケは約2年間を秘書としてロダンのも
とで暮らす。

 リルケは驚嘆した。ロダンの生活ぶりに、である。世間の評判などど
こ吹く風、ひたすら大理石を刻み、思索にふけり、また鑿を振るう。黙
々とその研鑚を繰り返す。
 その姿に感動して、リルケは言った。

「ここに生き神さまがおられる。これだけ我慢でき、これだけ自分の仕事
に情熱を注ぎ得る人は神さまだ」

 ロダンの生活と人格に若い詩人の魂が感応し、リルケもまた詩人として
大成していくのである。

 後年、リルケはこういう言葉を残している。

「私の課題は私自身を成熟させることだ」

 若年期のロダンとの生活の中からこの言葉が生まれたことは想像に難くな
い。

「我流」は、単なるわがままのことではない。単なる気まま、自分勝手のこと
ではない。リルケの言う「自分自身を成熟させる」ことである。大いなる理想
に向け自分自身を成熟させていく。そのプロセスの果てに自然に生まれてくる。
あるいは形成される。その人のなりの流儀ーーそれこそが「我流」なのである。

 「守破離」という言葉がある。世阿弥の「花伝書」に書かれ、また武道など
でも言われる。修業の姿を示す言葉である。厳しく鍛えて基礎を完璧に自分の
ものにするのが「守」である。その向こうに創造性が芽生える。「破」である。
そして自分のリズムで自在に動く境地が出てくる。それが「離」である。

 これが、これはそのまま「我流」の姿でもある。と言えるだろう。

 「離」に到るのは至難の業である。だが、「守」がなければ「破」にも「離」
にも到り得ないことを我々は知るべきである。

  ーー省略ーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     人生において、万巻の書を読むより、すぐれた人物に一人
     でも多く会うほうが、どれだけ勉強になるか。
                          小泉信三


     人生を大切に思うと言われるのか。それならば、時間をム
     ダに使いなさらぬがよろしい。時間こそ、人生を形ずくる
     材料なのだから。
                       フランクリン自伝

 
     人生には道草ということも大事だ。
                           吉岡喜一



    自分自身の成熟のために思う

     夢中になれるっていいな
     夢中になれるとなんにも思わずに
     夢中になれるから
     他になんにも見えなくなるもの

     夢中になれないできてしまった
     そういうことに気もつかぬまま
     夢中になる素晴らしさを知らず     
     なんとなく ただ なんとなく

     単なるわがままで気儘
     単なる自分勝手で
     自分自身を成熟させること
     その大切さも気ずけなかった

     暢気に生きてた 
     それしか そうやってしか
     できないかもだけど 
     違う自分自身になれたかも
     
     
     

     

     

     
     
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽