おばあちゃんのひとりごと

Entries

刺客をも包み込む西郷さん

 「人間的魅力の研究」伊藤肇著より

 刺客をも包みこむ西郷のふところの
   会わずには推量すらできぬ並外れた大きさ

……おしかけてきた刺客相手に……

 維新後、茨城県知事となった人見寧という人物がいる。
 若いころ、海舟のところへ出入りしており、ある時、「西郷先生にお会いしたいので
紹介状を書いてください」と頼んだ。
 海舟が、そのわけをきくと、どうやら西郷を刺しに行くつもりだった。そうと知った
以上は言を左右して、紹介状を書くのを取りやめるかと思ったら、そこが海舟の面白い
ところで、平然と紹介状を認めた。ただ、末尾に「この男は足下を刺すはずだが、とも
かく会うだけは会ってやってくれ」と付け加えておいた。
 喜び勇んだ人見は、その足で鹿児島へ下ると、先ず、側近の桐野利秋に面会し、西郷
へのとりつぎを頼んだ。桐野も千軍万馬を往来すぃた人物だけにさすが目がある。人見
の挙動が尋常でないところを見破り、ひそかに小海事x等を開封すると、はたして、
 「刺すかもしれぬ」と書いてある。
 これには大胆不敵な桐野も驚いて、すぐさま委細を西郷に知らせた。ところうが、西郷
は「勝どんの紹介なら、会ってみもそ」と返事した。
 翌日、人見が邸を訪ねると、西郷はちようど玄関でごろりと膝枕をしていた。「人見寧
がお話を承りに参りました」というと、むっくり起き上がって、「わたしが吉之助だが、
私は天下の大勢などというようなむつかしいことはしらない。まあ、聞きなさい。先日、
私は大隅の方へ旅行した。その途中で腹がへってたまらぬから、十六文で芋を勝手食った
が、たかが十六文で腹を養うような吉之助に堪えんかの形勢などというものがわかるはず
がないではないか」というと、大口を開けて笑った。
 血気さかんな人見も、このだしぬけのパンチにすっかり気をのまれ、刺すどころの騒ぎ
ではなく、あいさつもろくにできぬほどにあわてて逃げ帰った。
 以来、西郷にぞっこん参り、「西郷さんのような大豪傑をみたことがない」と会う人ご
とに語ったという。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーー増田宗太郎の中津に語り伝えられているという、有名な言葉ーー

  かの人はまことに妙である。
  一日 かの人に接すれば、一日の愛生ず。
  三日 かの人に接すれば、三日の愛生ず。
  しかれども予は接する接する日を重ね、もはや去るべきもあらず、
  いまは善悪を越えて、かの人と生死を共にするほかはない。

 この言葉で西郷さんのすべてが、わかる気がするのです。
 とても好きな言葉なのです。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽