おばあちゃんのひとりごと

Entries

「悪いことはするな」より悪の必要のない人生を

「まんだら人生論」ひろさちや著より

 「悪い事をするな」より悪の必要ない人生をーー
 唐の詩人の白楽天は、太守となって杭州に赴任したとき、その土地の名僧の道林
和尚に、「仏教の教えの大意は何か?」と質問した。すると道林和尚は、すかさず、
「悪いことはするな!いいことはしろ!」
 と応じたと言う。有名な話である。
 たしかに、仏教が教えているのは、「悪いことをするな!いいことをしろ!」である。
 そして、わたしたちが、悪い事をしないように、「戒」が制定されている。
 だが、わたしたちは、なかなかその戒が守れない。たとえば、嘘をつくな、の戒があ
る。でも、夫が(妻が)がんになったようなとき、それを正直に告知できるだろうか。真実
を告げて相手を絶望させるより、嘘をついてでも相手を楽にしてやりたいと思う。それが
人情ではないか。そういう考えもある。
 じつは、わたしたちは、嘘をつかないという努力をするより、嘘をつく必要のない生活
をすべきなのだ。夫婦が結婚の当初から、しっかりと嘘をつく必要のない生活をしてい
れば(浮気や不倫をすると、嘘をつく必要がでてくる)、がんになったようなときでも、二人
でしっかりと真実に直面し、そして二人で耐えていくことができるわけではないか。相手
に真実を知らせず、自分一人で耐えていくのが、本当の夫婦の愛とは思えない。とはい
え、それまでの生活を真実の上に築かずにおいて、いきなり真実を語ることはできない。
ふだんから、嘘をつく必要のない生き方をしている必要がある。
  だから、仏教は、悪いことをするな、ではなしに、悪い事をする必要のない生き方をし
ろと教えている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 この話はとても有名なのです。続きがあり……ちょとおぼえてないけれど???
  たしか?
   「そんなことは誰でも知っている」と白楽天のいうに、
   「三歳の子供も知れども、八十歳の老翁になっても、未だ難し……?」
 と、答えられています。うーん!です。

 一生は一回です。これを読んで、善き人生にね。
 反省しきり、後悔しきり、諦め、笑えます

   「わが人生悔いばかりなり」

 まあ それも善き哉……としよう。
 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽