おばあちゃんのひとりごと

Entries

一生懸命やる。一生懸命と同時に方向ということはどうなのか・・・

「子育てのこころ」盛永宗興著より

 ……最初の一歩がどこをめざすのか……
  -省略ー
 ところうで、私の寺では若い人たちが一緒に泊まって生活するだけでなく、もう少し年配の
お母さんがたもいろいろな相談に来られます。そのなかで「老師、私はほんとうに一生懸命
やってきたんです。 「一生懸命やってきましたのに、どうしてこんなことになってしまったの
でしょうか」 と泣かれる人が非常に多いのです。
 たとえば、一生懸命やってきたのに子どもがグレてしまった。一生懸命やってきたきたの
に夫が浮気をしてしまった。一生懸命やってきたのに家庭がバラバラになってしまった、な
どなど、そのような嘆きをよく聞きます。
 ここにある人がいて、この京都から東京へ行くという目的をもったとします。この東京へ行
きたいという人が、もし最初に誤って、九州のほうに向かって第一歩を踏み出したとしたらど
ういうことになるか。この人は、一生懸命歩けば歩くほど、行きたい東京から遠ざかってしま
うことになるのです。世間一般の人は、一生懸命でありさえすれば、それがいちばんよいこ
とだというように思いがちですがたとえ一生懸命であっても、もし、その人が思い違いをして
方向をまちがえて歩きだしたとすれば、一生懸命であることは、逆に目的から遠ざかること、
幸せからとおざかること、幸せから遠ざかる速度を速めることになってしまうわけです。
 私たちがいい子に育てたい、いい家庭を作りたい、幸せな人生を送りたいと言う目的を持
って一生懸命やったとしても、もしその人が愚かな考え方、まちがった第一歩をふみだした
としたら、どんどん目的から、とおざかってしまうのです。ですから、本当に幸せになりたいと
思うなら、一生懸命であると同時に、どのようなことを一生懸命にやるかというjことが、非常
に大切になってきます。まず方向がたしかである。まちがっていない。そしてそれを一生懸命
やる。しかも、思いついたときだけ、一生懸命やるのではなく、たえずつずけて一生懸命にや
る。これがなければ、ここから東京まで歩いて行っても、ついに、東京に辿りつくということは
絶対にない。この三つのうちどれかひとつがなくても駄目なのです。
みなさんがいま、可愛い子供さんたちを一生懸命育てていこうと思っておられること、それは
もうまちがいはないことだと思います。けれども、この一生懸命と同時に、方向ということはど
うなんだろうか、あるいは、つずけるということはどうなんだろうか、このことをひとつ考えてみ
たいと思うのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
          一生懸命・一生懸命・一生懸命

             一生懸命に生きた
           一生懸命ならばいいと思ってた
           だからなんでも一生懸命にやった
           一生懸命であればなんとかなる
               そう思っていた
            でもあるとき ふと なんか違うな
            なんのための どういうjことのための
            一生懸命なんだと疑問がでた
               そして考えたんだ
            一生懸命と同時に考えないとなあー
            ただ一生懸命・ただ一生懸命なのじゃあ駄目だなって
            もう老いていた我が身を嗤う・それしかなかったな
               でもなそれしかできなかったな
                一生懸命にいきてこられた
               それで まあ いいか わが人生
                 満足じゃあ 満足じゃぁな
                 笑って現在を未来と行こう
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽