おばあちゃんのひとりごと

Entries

老いてひとりの短歌10首

   


    
       老いひとり我慢や気遣い消していた束の間というも人生果てなし



       来た道はせつなく悔む行く道は楽しく喜びゆっくりいこう



       優しさの押し売りをしてひとり悩む老いとは可笑し自分にいいわけ



       公園は人っ子ひとり影もなし春雨のなかひとり散歩す



       ひとり居は自由と孤独の裏表すっかり慣れてしぶとく老いる



       いつの日かひとりになるを思いもせずにひとりになりて孤りを知りぬ



       自由だけ思えば最高孤独だけ思えば最低ひとりの暮らし



       ひとりだからひとり勝手に好きなようにひとりごとを言い老いを生きてる



       老いるとは可笑しきものよ聞こえぬに聞こえるふりして話がそれる



       開店祝いの残りの花を貰い来て挿せば華やぐひとりの我が家







       



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽