おばあちゃんのひとりごと

Entries

二本棒は”おはし”として日本文化の代表選手なのです。

「大和古流の「躾」と「為来(しきたり)」友常貴仁著より
 
 …なぜお箸というの?…
 
 当家の長男は、なかなかの難問を当主である私に投げかけてまいります。その、
難問に一つまた一つ答えていくことで、当代と次代との信頼を深めていけるのです。
そして父と子という親子の関係が保たれます。
 「なぜこのニ本の棒をお箸というの」
 なんとも単純明解な問題です。もし私がこの難問に答えられなくては、長男は当代
を疑い始めるでしょう。難しいことは知っていてもいつもみんなが使う当たり前のもの
のことを知らないのか、”お箸の上げ下ろし” にやかましくてしても、お箸、のことは、
あまり知らないのか、と、ここは退く訳にはまいりません。長男にはなして聞かせた話
を要約して記しましょう。

 はしで思い出すのは、一休さんの、「このはし渡るな!」、の頓智話です。
 以前、一休さんに頓智でやり込められた紅屋仁兵衛という商家の主人が、和尚と一
休さんを法事に屋敷に招いた時のことです。屋敷の前には小さな川が流れていて、橋
の前には、”このはしわたるべからず” の立札が立てかけてありました。その橋を渡ら
ないければそのなかに入れません。そこで一休さんが頓智をきかし、その橋の端を渡ら
ず、真ん中を堂々と歩いて仁兵衛さんを、ぎゃふんと言わせた、お話です。
 ”はし”といっても(橋)と(端)と(箸)、漢字にすると意味がわかるのですが、” はし”
という音だけでは見わけがなかなかつきません。アクセントの違いで識別するわけですが、
地域によって異なり、やっかいです。
 では、この”はし”(橋)(端)(箸)、は、何か関係があるのでしょうか。
 一見関係なさそうな ”はし” たち、じつは深い関係者なのです日本語の”はし” とは、
じつは”はさ”と、同じで、間と言うことの意味です。要するに”はし”とは、これと同じ意味
で点と点の間を表しているのです。”はしら”といえば、天と地の間を支えているものを表
します。
 もう、私たちが食事のときに使う道具を、なぜ ”おはし” というのがおわかりでしょう。
 一本と一本の間にある命の糧をとるので、おはし(はし) というのです。
 また、これは宇宙(自然)の力を十分に貯えた食べ物を口に運ぶ、宇宙(自然)と人との間
の掛け橋でもあります。毎日食事のときに使う二本の棒を二本棒と言わずに<おはし>とい
う理由なのです。
 このように ”はし” の意味がわかると、”はさみ”の意味も想像がつこうというものです。
 日本語の”はし”という音のあらわしている意味がわかったところで、なぜ橋、端、箸……
と同じ音に違う漢字が使われているかを考えてみてください。そうです。同じ音では意味が重なり
どれを意味する言葉なのか分かりません。そこで意味を借りてきて使い分けているのです。
 同じ音でも、意味をあらわす漢字から、内容が、わかるのです。
 日本人は、箸(食事するときの二本棒)を、”はし”と言わずに、”おはし”と、言います。これは、
命の掛け橋である道具を大切に思っている心です。「おはしの国」と、「はしの国」では似て非なる
世界です。二本棒は、”おはし”として日本文化の代表選手なのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 私の亡き母は、明治生まれです。昔のお母さんというそのままの人でした。
 夏がくる前になると、お箸やお茶碗を自分の気に入った柄を選ばせてくれたものでした。
 それがとても嬉しくて、金魚やら、綺麗な水玉や、その柄を妹と喧嘩しながら、選んだことが、
これを読みながら思い出していました。
 思い出はとはいいものです。だって、みんないいことばかりなのですもの……。
 (内緒だけど、嫌な思い出はみんな、みんな、消してしまったのよ。それが一番いいことよ。)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽