おばあちゃんのひとりごと

Entries

綾小路きみまろさんやカーネル・サンダースさん

「幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く」 岡本一志著より

 --なかなか結果が出なくても、
    頑張ってきたことは、必ずやがて実を結ぶーー

     ーー省略ーー

 お釈迦様は、
  「まいたタネは必ず生えるのだよ。
  だから、無駄になる苦労は一つもないのだよ。
  人によって早く咲くか、遅く咲くかの違いがあるだけだよ」
 と教えられています。
 人生は、遅咲きか早咲きかの違いだけで、まいたタネはは必ず生えます。世に中で
成功したといわれる人でも、遅咲きの苦労人はたくさんいます。

 「潜伏期間三十年」として知られる漫談家の綾小路きみまろさんは、十八歳の頃に、
鹿児島から上京し、二十八歳で漫談家としてデビューしました。しかし、バ―やキャバ
レーの司会者を務める長い下積み生活が続きます。
 デビューからブレイクするまでの間、一人でも多くの人に自分の話を聞いてもらいたい
と、奥さんと一緒に自分の漫談をカセットテ―プに吹きこんで、高速道路のサービスエリ
アで中高年層にひたすら配りまくったそうです。その数は数千本ともいわれています。
 サービスエリアの係員から「勝手に商売しないでください」と注意を受けると、「商売では
ありません。タダで配っているんです」と言って配り続けたそうです。必ず、芽が出て花が
咲くと信じてのタネまきでした。
 そのうち無料で配られたテープをバスガイドさんが観光バスの中で流すと大爆笑になり、
それが五十歳過ぎでの大ブレイクにつながったのです。
 潜伏期間三十年のタネまきが花ひらいて、「中高年のアイドル」といわれるほどの人気を
誇っています。

 ケンタッキー・フライド・チキン創業者のカーネル・サンダ―スも、大変遅咲きの人でしす。
 六十歳を過ぎた時、経営していたレストランが閉店を余儀なくされました。ところうが、彼
は、レストランで最も人気だったフライド・チキンに絶対の自信を持っていたので、その販売
をあきらめることはしませんでした。他のレストランのメニューに加えてもらうことを考えたの
です。 フライド・チキンの製法を教える代わりに、売れれば一定のロイヤリティ(権利金)を
もらう。これが世界初の、フランチャイズというビジネスモデルだといわれます。
 車に圧力釜と独自のスパイスを載せて、レストランを訪ね歩く旅に出ましたが、なかなか話
を聞いてくれるレストランはありません。しかし彼はあきらめず、車の中で寝泊まりしながら、
タネをまき続け、十年後には、全米で600店のレストランと契約を結ぶまでに発展したのです。
これが現在のケンタッキー・フライド・チキンの始まりです。サンダ―スが七十歳をとっくに過ぎて
いたときのことでした。
  --省略ーー

 焦らず、慌てず、花を咲かせる暖かい日が差すのを待てばいいのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 わああ! 本当にすごいなあ!
 若い皆さん、夢を持って、そのために、頑張る。いいものですね。
 焦らず、慌てずね。たしかにね。
 ゆっくり、ゆったりしてる。わ・た・し・だけれども・・・
 タネをまいていないからダメだわ。
 でも幸せに思う日々だから幸せ。そう思う幸せ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽