おばあちゃんのひとりごと

Entries

所詮大バカ者・タワケな私(一善できたな?)

 あーあ疲れた。 
 今日は朝から、「合唱コンサート」にコンサートホ―ルに行こうと、家を出たら道に迷ってる
ような人を見かけ声をかけた。お婆さんなので困ってるような人があると、ついつい声をかけ、
迷惑だ?というような、嫌な顔をされることも、しばしばある。そういう時は心の中で、「しま
った!」 二度と止めようと思うのですが……所詮大バカ者、タワケな私。声をかけていた。
 高校生くらいの男の子と母らしい。お母さんは携帯で場所を聞いているらしい?
 私が知ってる場所なので送ってあげた。その高校生の進路のことで来られたと言う。
 「上手くいくよ。頑張ってね!」と応援し、私は急いだ。いい親子連れで出会え嬉しい。
 「香川県から、朝午前6時に高松を出て、新幹線できました」と言っておられた。
 もう、4時間半近く経っていたが、行く先の場所までお連れしたので安心。良かったなー。
 それから慌ててコンサートホールへ。パイプオルガンの演奏もあり、満足した嬉しい一日。
 相当に歩いたので、すっかり、疲れたが。心地良い一日になりホッとしました。
 
             「詩」
       
        生きてるから悩むんだよ

     いいかい 色んなことはあるものさ
     生きてると色んなこと自然に出来てくる
     幸せがいいのに
     悩んだり 苦しんだり 困ったり
     いっぱい出来てくる
     どうしてかって
     それが 生きてるっていうことなんだよ

          つらい苦しい話せないような
          どんなことができったって
          逃げないで 悲しまないで 苦しまないで
          じ―としてたらいい 何にもしなくても いい
          時が過ぎゆくだけでいい なんとかなってゆく
          心の置き場所をちょと変えるのもいい
          大丈夫だよ 何とかなるんだからね
     
      深刻にならないで
      いっぱい道があることを
      いっぱい何とか出来るんだってことを
      「何とかなる なんとかなる」
      呪文のように唱えていて それがいいんだ
      明るくうまくいく なんとかなると思うことさ
      いつも すべてをポジティブにね
          
            
             短歌

  善悪か損得かじゃあダメなんだ愚かでなくて賢明にかあ

  春は去り新緑過ぎてもう梅雨だ吾も知らずに年は去りゆく

  病院待合室は不満げな老人の顔顔眺め笑む

  としどしに老いぼれてゆく我なれどその老いるさえ感じぬ我なり

  我を見てノラネコは睨み動かないそしてさあぁと逃げ足早し   

  

 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽