おばあちゃんのひとりごと

Entries

救急車呼ばないとなあー駄目だわあー

 お久しぶりです。6月のある日。洗濯を干したあと、慌てたのでしょうね。
 ベランダから部屋に入ろうとして、転んだのです。笑えますよね。
 一瞬のことで、なにがどうしたかわからないまま、倒れていました。暫く身動き
出来ず脳を働かせたのですが、そういうときは判断力、決断力がダメなもので、
痛さにどうしょうもなく、やっとのことで起きて携帯電話まで歩き、思案。
 救急車を呼ぶべきを、歩いて痛いながらも歩けたと思い躊躇してしまいまいし
た。すぐ隣にある開業医院に傘を杖にし、やっとの思いでゆき、診察を受けたら
、「圧迫骨折で第一腰椎?」とのこと。
 コルセットを作成し、ただ痛み止め薬をのむだけの日々。
 その痛いこと、声も出ない。忍耐と我慢は相当に強い私も、入院したい。と思
いましたがー。どうにもならずー。
           {即、救急車よ}
 
 絶対に救急車をよび入院施設のある病院にゆくべきでした。後悔、後悔。

 しみじみと愚か者のおばあさんであったのです。
 長男夫婦、次男夫婦に、優しく看病され、迷惑やお世話をいっぱいかけてしまい
ました。いつも偉そうは態度の私。あーあ 謙虚さを忘れていたのでは~と反省。
有り難い、ありがたい感謝の日々・みんな仕事のなかを、相談して、交代でよく看て
くれ、痛さのなかでしたが、それが幸せでありがたくてね。幸せでした。幸せはどんな
日々の中にもあるものです。ありがたい、ありがたい。感謝、感謝。
 
 そして読んで下さっている皆様にもご心配を頂きありがとうございました。感謝です。
また、身近な友人知人にも、いろいろとありがとうございました。いっぱいの人たちの、
おかげさまです。また、開業医院の先生には、これまで治り、ありがたいです。ここまで
治りました。感謝します・
 あらゆる方々から優しい思いやりをいただき、これまでになれました。
 ありがとうございました。
 早や2ケ月が過ぎていました。日にち薬です。治ることはないそうなのですが~。
 頑張って元気になりたいものです。

 新聞に掲載されていました。
 瀬戸内寂聴さんも、5月に圧迫骨折なされたとか、92歳とのこと。まだまだ私など子
どもだわ。頑張らないとね。寂聴さんは9月から、ふつうの生活をなさるとか?私も10
月には、元の生活になれるかしら?と楽しみにしているのです。
 
 ブログ 始めたいと思う気持ちが出てきました。がんばろうかなあ~。
 
 短歌

   夢の中吾が名呼ぶ声に目の覚めて暫し考え亡夫かとぞ想う

 俳句

   野良猫ににらみつけられ老いの夏


スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽