おばあちゃんのひとりごと

Entries

久しぶりのブログ、ピントずれしてるかも・・脳が遅れてると思えるわ。

 こんにちわ、この2ケ月の身動きできず、痛さに耐える生活も、有り難いことに、みんな
の優しい愛情にきずかされ、自分の傲慢さを知ることが出来て、謙虚さを忘れないで日々
を過ごさないとと心に刻むことができました。これもまたいいことなのでしょう。私には?
 友人が、私が立って歩けた時に「あーあ、良かった。嬉しい」と言ってくれてね。有り難い
ことと思ったのです。みんなに心配をいっぱいかけてしまいました。
 有難うございました。ありがたい。こうしてブログができて嬉しいわ。

2014・8 「到知」
 禅の教えに学ぶ
   きょう一日を
   精いっぱい生きる
                    境野勝悟 作家・東洋思想家
                    横田南嶺 円覚寺管長

 いいところを抜粋します。お二人の対談より

境野  禅に惚れこんだために、カトリックの学校に勤めるのがよけいに辛くなりましてね。
     思い悩んで当時指導を受けていた安谷白雲老師に、栄光学園を辞めて出家して禅
     の勉強に集中したいと相談したら、怒鳴りつけられたのです。

横田  あぁ安谷老師に叱られた。

境野  禅宗は宗教ではない。なぜ禅宗の坊さんを「雲水」と呼ぶか知っているかと。雲の
     如く水の如く、行く所可ならざるところなし。雲が山へぶつかってがしゃがしゃと文句
     を言うか。川が竹藪に入って文句を言うか。どこでもさっと姿を変えて先へ進むんだと。
     座禅をやっているとか、公案をちょっと通ったとか、そんなもの捨ててしまえっと。
     そして明日から毎朝、校門で十字を切って学校に入れ。入ったらキリスト教信者にな
     りきって一日を過ごし、校門を出るときは、十字を切って戻ればいい。「それが禅の修
     行だ」と説いてくださつたのです。
     大変きついことを言われたわけですが、あぁそうかと得心しましてね。翌日から、いっ
     たん校門をくぐったらもう座禅をやっていることを一切捨て、キリスト教信者になりきっ
     て一所懸命勤めさせてもらったんです。

横田  そうして葛藤を乗り越えられたのですね。

境野  ただ キリスト教の学校にお勤めしながら座禅を組んでいることに、申し訳ない気持ち
     がありましてね。それで毎週金曜日放課後、神父さんに日本語や日本の文学をお教
     えしたんです。そうすると、神父さんたちは、日本の素晴らしさを知ってたいへん感動
     されるんですね。ところうが肝心の我々日本人がその素晴らしさに無自覚なんです。
     そこから、いずれ独立して日本の心を若い人に教えなければという気持ちが膨らんで
     きたのです。

     あとは、また次に、続きます。
 
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽