おばあちゃんのひとりごと

Entries

大好きなお母さんからの一言(自尊感情を育てる……)

      よく考えるんだ

   じぶんのことときどき考えるんだ
   だって あんまりにも ドジで
   情けないほどに 愚かなんだもの
   シヨンボリする
   落ち込む
   泣けてさ

   自分のことときどきじっと見つめてさ
   一歩進んで 三歩下がってるなと思うからね
   でも、下がってもいい 一歩すすんだ価値はある   
   そういう気持ちが大事
   勇気をもって
   笑顔にするんだ
  
   そうやって不器用に生きてる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 2013・10 「「到知」   大坪信之

 --続きーーー
 私は子どもの頃、父母会で名指しで問題児扱いされるようなこどもでした。ある日
「人は死ぬ」ということを知り、大変なショックを受け、以来、「死んだらどうなるか」と
悩んでいたからです。
 幼稚園では、そんなことも考えず無邪気に遊んでいる子たちが許せず、無心に積
み木遊びをやっているのを見ると腹が立ち、崩してしまう。小学校でさも、皆がドッチ
ボールをやろうと校庭に引いた線を、「そんなことやっている場合じゃない、いつか死
ぬんだぞ」といって消してしまう。当然友だちは出来ず、先生には怒られ、次第にいじ
めの対象になりました。
 母は学校から私のことで呼び出されていました。ある時は警察がうちに来て、私の
問題行動を注意していったことがあります。
 しかし、その時ですら、私のことを叱ったり、否定したりせず、いつもこう言ってくれま
した。
 「お母さんはあなたのことを信じているから」
 この言葉に私は救われていました。周囲の人たちがみんな私を駄目な子とだという。
でも、たった一人、お母さんだけは自分を信じてくれている。成長とともに、わたしの心
は安定していきましたが、当時を思いますといまも目頭が熱くなります。
 人格が形成されていく幼少期、大好きなお母さんに掛けて貰った一言はずーと心に
残り、一生を支える力になります。だからこそ、お母さんには偉人の母たちに学び、子
供のあるがままを愛し、自尊感情を育くむ言葉をたくさん掛けてあげて欲しいと思うの
です。
 そして、お父さんや周囲の方々はそのお母さんを支える一言をかけてあげてください。
お母さんが元気で幸せなら子どもも元気で幸せになります。。

 そんな母子を世界中に増やしていくことが私の願いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 短歌

 「おかあちゃん」そおっと呼ぶと温かい母を老いてなを感ず

 愚かなる母なり吾はだからゆえ子らの幸ばかり祈り願えり





   

 
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽