おばあちゃんのひとりごと

Entries

人生というのは、実に楽しいものですよ。

 今夜は満月です。昨夜は中秋の名月。いいですね。
 空を眺めるのは、いいもので、つい 手を合わせています。昔は、自然
と手があわさったものですが、今の子どもたちはどうなのでしょうね。
 なんで?どうして?なんて?ちっとも思わずいた。そうやって、無心に手
が合わさってもいいと思うのだけれど。ね。
 どこにも、なんでも神さまがおられると、きかされていて、何でもが自然
に、拝んでいたな。それが、なんにも疑問にも思わずにいた。そんな生活
が、当たり前だった。だから、当然。疑問にも思わないのでしょうね。

   心でみたならばいいかな

    見えなくたって あるものはあり
    見えたとしても 見てなかったり
    見えなくても
    よく見えても
    どれも分からないものはある
 
    大切なものも 大事なものも
    心が感じ 心が見たら
    いいのだろうなあー
    そうしたならば
    もっとわからなくなるかしら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 好き嫌いで決めろ   元東京地検特捜部長
                  河上和雄 著 より

 --人生は実に楽しいーーー
 
 人の生き方としてプラスの方向に考えるか、マイナスの方向に考えるか
ということは案外大きな意味を持っているように思います。
 大学受験の際、一緒に受けた学友のなかに試験直後から、「俺はもう受
かった」と言っているやつがいました。私も含めまわりの連中は、「だめだ」
「失敗した」と、言うことしか頭にないのにずいぶん自信があるなと言ったら、
「自信があるわけじゃあないけれど、受かったと思うことにするんだよ」 と。
 失敗したことばかり考えて落ちるのを覚悟しても、実際に不合格だったら、
やっぱりがっくりくる。だけど答案のことだけ考えてよかったよかったと思って
いれば、たとえ不合格でも少なくても発表までの二週間は楽しめるじゃあな
いかというんです。
 落ちたと思って暗く過ごす二週間と、受かったと思って明るく過ごす二週間
は大きく違う。彼の話を聞いて私は眼前の門がパーッと開いたような、目から
うろこが落ちたような気がしたんです。結局、彼は不合格だったんですけど、
彼の考え方は本当にいいと思いました。その時から、私はプラス思考を心が
けています。
 人を好きになった場合でも、相手が実際どう思っていようと、「こいつ本当は
俺に惚れてるな」と、楽観的に考えたがいい。要は気の持ちようです。
 いやな思いをしてもそれは自分のプラスになるひとつの契機かもしれないと
考えるわけです。「人間万事塞翁が馬」「禍福はあざなえる縄のごとし」という
諺があります。
 若い頃は観念でしか分かっていなかったことが、この年になると実体験とし
て分かったくるんですね。たとえば組織のなかで自分が思っているほどには、
評価されず左遷されたとしても、そのことが非常にプラスになる場合だってある
んです。長い人生、そんなに急いで結論を出すことはない。不幸せがくれば幸せ
がくる、そう思えば辛いことも前向きに対処出来るのではないでしょうか。

ーー省略ーーー
 
 マイナスの方向ばかり考えていると、精神上よくありません。
 --省略ーー

 人生というのは、実に楽しいものですよ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  短歌
  一寸の先は闇とは思わずに楽しく老いのひとりをゆかん

  毎日をいいことだけを思い浮かべ今只今を楽しく過ごそう
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽