おばあちゃんのひとりごと

Entries

一瞬 球が止まる……川上哲治さん

  一歩外出れば渦中ガよく見える

 いろんな問題ができ悩み苦しむ
 かんがえが浮かばない
 その中にみんな入りこむ
 同じ考えになってみんなが染まる
 なにがいいのか悪いのか
 見えなくなって 強い間違いが
 起きることがある

 そんなとき その渦の中から
 抜け出さないとなあ
 そおして ちょとゆっくりしてみる
 今の状況を反芻する
 なにがいいのかを どうすべきかを
 どんな逆境だって 長く続かない
 幸運だって その通り

 ときどき その中から一歩外
 眺めて見るがいい
 落ち込まず 固執せず 外へ一歩
 渦中から抜け出そう
 こんなときだから理屈から離れ
 ものごと複雑に考えず
 ゆっくり 無心になろう

 渦中から抜け出すことだな

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー人みなこころありー

 人みな心あり
       庭野日敬対談集
     グランドも精進の場  川上哲治氏
                   庭野日敬氏

  ---省略ーーー

 飛んでくる球が止まった
 川上  コツといいますとね。私にはこんな経験があるんです。ひところ、ストライク
      になる球を打ちたい一心で、飛んでくるボールを練習の度に、ジッと見つめ
      続けていたのです。それを始めてから十何年間も経ったころでしょうか。わ
      れながらムダをしたように思えていた矢先、多摩川で練習していたら目の前
      で、急にボールが止まったんです。そのいっしゅん”これだな”と思いました。
      とまったボールをすかさず打つと、真芯に当たるんです。しかも、つぎつぎに
      投げられるボールをすかさず、打つと、真芯に当たるんです。しかも、つぎつぎ
      に投げられるボールがみんな目の前で、ピタリと止まる……こんなことを、人が
      聞いても信じられないでしょうけれど、これは事実なんです。

 庭野  それが”心眼”というものでしょうね。猛スピードで飛んでくる球ですから、どう考
      えてもとまるわけはない……しかしそれは常識的な考え方であって、高度の技
      術を身につけた人には、静止して見えるのでしょう。飛んでくる球の速度と、川
      上さんの振るバットのタイミングが、ある位置でピタリと一致する。その瞬間をね
      らって打つ……こうなると止まった球を打つのと同じです。私もゴルフをやります
      が、これは球が動かないかわりに自分体がゆれていると、さっぱり当たらないも
      のですね。打つ瞬間、球の模様がハッキリ見えているようなときは、必ずよく飛び
      ます。

  ---省略ーーーーー
 
 川上  そうでしょうね。ですからひとつの目標をたてたら、、どこまでも夢中で技術を究め
      ていけば、いつかは心もしだいに磨かれて、やがては心技一体のプレーができる
      ようになるのではないでしょうか。そのためには、もちろん、ぶっ倒れるくらい激しい
      練習がなくちゃいけない。技術には限界がないのですし、まして心の修業は一朝一
      夕で、できるものではないですから……。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 短歌
 
    努力はすればするほど道が出来若い頃には吾しらずいたな

    老いてなを努力するのはお世話にならず元気で生きる
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽