おばあちゃんのひとりごと

Entries

もう駄目だという絶望を絶対にしないことです。盛永宗興氏

いつも思うのです

 なんか自分では思ってもみないのに
 何かががあるとき そんなとき 思うのよ
 ふと ある人のことを思っていたら 出会ったりね

 あれれ やはり 神様やか仏様が
 見守っていて下さるなって
 だって ほんとふしぎだなあーなんて思うことがあるから

 危ない目に遭いそうなときにや
 不思議に感じること ちやんと 考えてるとあるのよね
 考えるというか 深く 思うことなのかなぁ

 やはり どこかで みていて下され
 なんとなく 守っていただけてるなぁなんて思うのよ
 幸せな心になってくるのよ

 そして そう考えられる自分がうれしいの 
 だって 守られてね 守ってくださってるなんて
 そんな風に思えることって 幸 ありがたいの

――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 子育てのこころ  盛永宗興著より
   信ずる心と幼心
 
    --省略ーー

 先にイギリス仏教会主催の集まりに、子供を抱いて参加したお母さんたちのこと
をお話しましたが、その中の女の子が五歳になりました。
 ある日、その女の子は花壇のある庭で、近所の子供たちと一緒に遊んでいたそ
うです。両親が聞いくともなしにふたりの子供さんの会話を聞いて驚いたのです。
友達の女の子のほうが、

 「こないだおじいさんが亡くなって、いま天国の神様のとこへ行っているのよ」
 と話すと、その五歳の子が、
 「神様は天国なんて遠いところにいらっしゃるじゃあないよ。神様はネ。私のなか
にも、あなたのなかにも、このお花のなかにもいらっしゃるのよ。だからおじいさんも
神様のところに行ったなら、きっとあなたのなかにも、私のなかにも、お花のなかに
もいるんだわ。もし私の言うことがよくわからなかったら、私のママは座禅をしてよく
知っているから、私のママにきいてごらん」
 といったのだそうです。この話の報告を両親からロンドンで聞いたとき、私はうれし
うて手を叩きながらいいました。
 「それは素晴らしいことだ。第一に、年に一度しかイギリスにこない私の話を聞いて
あなたたちは両親が、一年じゅうその話を会話のなかで繰り返し繰り返ししなかったら
五歳の子供にそこまで徹底しなかっただろう。あなたたちが、いかに真剣に座禅をつず
けているかがよくわかってすばらしい」
 つぎに こうも言いました。
 「いま日本の子供たちは、残念ながら神仏の存在を知らされないままに育っている者
が多い。そのため、ものを粗末にしたとき、親に叱られると、ケチなことを言わずまた買っ
たらどうだ、と反抗して、親もそれ以上叱れない。自暴自棄になっている子供にも、親は
手出しがができない。それに比べてあなたたちは、自分の五歳の娘が、仏様がすべての
もののなかにはいっていらしゃることを知っているおかげで、ただ一言

  「そんなことをしたら、あなたのなかの仏様は悲しまれるじゃぁないの」と、いって、あとは、
部屋で考えさせれば、必ず立ち直るだろう。ありがたいことだ」
 
 そしたら、若い両親が一緒に合掌して「ほんとうにありがたい、感謝しています」と言って
頭をさげました。

 こういう例からも、人間が人間の力だけで生きようとすることと、自分を生かしている大きな
力を自覚して生きることのちがいが、よくわかっていただけると思います。
 
 どうぞあなたが自身も、とくにみなさんが育てている子供さんやお孫さんにも、この大きなも
の、ちっぽけなわれわれのちからでは見ることも掴むこともできないけれど、全宇宙を動かして
なをあまりある大きな力によって生かされている。
 
 またその力がいつも自分を見ていてくれるのだ。というjことを知ってもらいたいのです。
 はっきりと信じてもらいたいのです。
 そして自分勝手に、決めないこと、

 もう駄目だという絶望を、絶対にしないことです。 

 これからは、みなさんが自分で自分の辞書の中から、「絶望」という字だけははっきりと消して
しまってください。
 「もうだめだ」という言葉は、絶対に使わないようにしてください。もうだめだと思ったら、おおい
そぎで「おまかせします」といって、また勇気をふるい起してがんばってください。

 それが、お地蔵さんの袖に隠れては、また 石を 積みにゆく 子供の姿でもあるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 「おまかせします」 いいね。
  昨日 ブログ、おかしいでしょう。
 失敗しましてね。同じのが2回に、なっちやいました。
 おバカなのです。実は……。書いて、消えてしまいましてね。アッハ アッハ ・ また だ!
と、なんで・?思って?再度、挑戦。そうして パソコンを切ろうとしたら、でてきたのです。????
 
  笑って 読んで下されば 幸せです。そして ありがたい。ありがとう。

 

 
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽