おばあちゃんのひとりごと

Entries

読書とは小さな宝物を創ることなのです。

    読書っていいよね

   なんていうか
   本は自分の知らない世界や
   夢のような夢見る世界があり
   
   なんていうか
   心が楽しくなったり 癒されたり
   心が落ち着けたり 賢くなれたり
   
   なんていうか
   いいことあると思う いいと思うな
   だから読書が好きだなぁ いいよ

   なんていうか
   本を斜め読みだっていい 飛び読みもいい
   真剣に読まなくたっていいんだ

   なんていうか
   どんな本にも 惹きつける魅力ある
   なにかが いいことが見つかると思うよ

   なんてりうか
   自分の人生の何かが変わるよ
   何でも読んでみて生きる楽しみができる

   なんていうか
   心になにかが残り
   心が光ると思うな  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  スザンナ・タマーロ 著より         泉 典子訳

 新たな一歩を
 踏みだすために

  --省略ーー

 読書とは、いってみれば記憶の内容に小さな庭をつくることにほか
なりません。よい本はどれも、花壇や小径や、疲れたら休むことので
きるベンチなど、何かしら足してくれます。年が経ち読む本もふえるう
ちに庭は公園になり、その公園でだれかに出会うこともあるでしょう。
私たちのように友達を見つけるかもしれないし、恋人をみつけることだ
ってーーーもちろんーーーあるでしょう。気がふさいでどうしょうもない日
の、ささやかな慰めにもなってくれるでしょう。読書は義務ではないし、
効き目があることを期待して一滴残らず飲む苦杯でもありません。本を
読むことは、思い出と感動出来た自分だけの小さな宝物を創ることなの
です。ほかの人のとはちがうのに、それでもだれかと共有できる宝物で
す。
―ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 短歌 

 寂しさの厳しさに耐えて老いてゆく当然のなかの幸を知り生きる

 車いす押してくれてる嫁の愛いただき嬉し公園散歩す

 バースデイ男孫にカードをかきながら大きく育ちありがとうとす
  
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽