おばあちゃんのひとりごと

Entries

若いころの作品   自分の人生

おばあちゃんにも若い頃があったのです。その頃は田舎の大家族の嫁でした。もう今は忘れました。忘れることも、大事なことで、きれいな箪笥の引き出しにしまっていますが、ときどき引き出しを開けてね、眺めるといいことがあり、幸せが何であるかが見えていいものです。どんなときにでも、また逆境の中にでも必ず幸せはあり、やはり全ては自分の心をどこに置くかという事の大事さが自覚できますよ。幸せは見つけ上手になることね。アッは

    愚痴などは老いのひとり居になにもなく優雅に見せて生かされ生きる

自分の人生

自分の人生だから
ゆっくり ゆっくり歩きたい
失敗しても ドジしても
笑っていたい
こんどうまくやればいいから
のろまでいい ゆっくりいこう


自分の人生だから
ホンワリ ホンワリしていたい
人が笑ったっていい
駄目でもいい
ボッーとしていたい
何かがあったら
そのとき考えたい
のろまでいい
そのときがんばれば

自分の人生だから
いつもわらっていたい
笑っていれば
周囲の人もきっと
ホットすると思うから
だから自分の人生は
笑って過ごしたい




まだまだ慣れなくてね。ひとり 独り笑い あーあ ため息しつつ ファイト 楽しみます。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽