おばあちゃんのひとりごと

Entries

湯川秀樹さんのおもしろいエピソード

               いいなあぁー恋
     
           早朝 公園に散歩に出たらね
           ボクサー犬を散歩しておられ
           その犬が動かない
           見つめている先を見たら 魅力的なる
           そして ちっちゃな可愛らしい犬がいたの
           犬が犬に 恋してるんだぁー
         
           なんとも可愛らしい光景
           わたしまでが ほのぼの 
           いい心地して 自然に笑顔
           公園に秋の陽ざしが美しい
           枯れ葉が 一休さんを思い出させるように
           散らばっていて 犬の恋とともに美しい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 寄り道して
 考える
   森 毅
   養老孟司 著より

 ブレイクスルーは愚問から          森

 いろいろな分野の専門家の中でも、名を成した人ほど、「わかりません」
ということを気楽に言うようです。「そこのとこはもう一つわからんですわ」と
平気で言う。これは不思議です。「わかりません」ということを言えるか、言
えないか。言ってしまえば、ずいぶんラクになるのになと思います。
 
 ノーベル賞を貰った湯川秀樹先生のおもしろいエピソードがあります。ま
だ全共闘のまえぐらいの頃、大学の中で物好きの集まる研究会のような
ものがときどき開かれていました。僕はまだチンピラ助教授でしたが、おも
しろそうなのでよく覗きに行ったものです。そうすると、前のほうにたいてい
湯川秀樹さんがいる。しゃべっているのはまだ二十代の若者で、なにやら
新しい話題に熱弁をふるっている。そこへ湯川さんはとんでもない愚問を発
するのです。

 後で聞いたところによると、それは湯川さんが助教授時代の師・菊池正士
先生から学んだことだそうです。六・七割はとんでもない愚問を発する。それ
で二十代ぐらいの若者にたちまち撃退されて、それで「あっ、俺アホや」と言
うのです。ところうが十の質問のうち二つか三つは誰も考えないことを出して
くる。それで湯川さんがくると、専門家が思った方向とはまったく違う方向に
話題がどんどん広がっていくから、議論が非常に深くおもしろくなる。これは
とても印象的でした。  
       
 また日教祖関係の会合でその話が話題になったことがあります。そのとき、
中学校のベテランの先生がおもしろいことを言いました。

 「中学校で変なことをいうのはつねに優等生です」というのです。これは理屈
に合わないでしょう。先生についていけないから劣等生なのであり、変なことを
考えているのは劣等生のはずです。しかし中学校の先生は、表現能力とも関
連があるかもしれないが、優等生が変なことを言い出すのはゆとりがあるから
だといいます。

 劣等生は、「あいつ、あんなアホなことをいうて」と言われるのがいやで、優等
生のふりをして黙って分かったふりをするのだそうです。

 いま大学でも二十代ぐらいの若者は、講演者に合わせてやろうとする傾向が
あるようです。
 「あいつはいつも研究会で変な質問をする。変な子やから、今度助教授にする
のやめようか」となることを恐れているのでしょうが、本当はそんなことになること
はまずありません。逆に「あいつ、ときどき不思議なこというから、あれ入れとくと
おもろいで」となるのですが、みんなが優等生の真似をするのでかわいそうにな
ります。
 
 湯川さんが、「私は日本を代表する学者やから、アホなこと言うたらあかん」と、
思ったり、「僕はクラスを代表する優等生やから、先生の喜ぶ質問をしよう」などと
思ったらつまらないので、本当は劣等生や若者が湯川さんのようにいろいろなこ
とが言えるようにならないといけないと思います。

 ブレイクスルーは、案外こんなところにあるような気がします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ノーベル賞のニュース
 わぁ 素晴らしい 嬉しいことです。
 
  短歌

    文書きつつ思い出せぬ字にドキリとすぼけになるかと冷や汗の出る

    早朝の散歩に出れば太陽が昇りくるつい手を合わせ祈る

    ありがたいありがたいこと朝の来て老いのひと日は穏やかにゆく

    

  
  
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽