おばあちゃんのひとりごと

Entries

「大したことじゃあない!」三度唱えれば、大抵のことは

 先日、台風の翌日のこと。吹き返しの風が強く散歩に出た私。
急な風でそばの足元をゴミが飛んでいく。とっさのことに杖でさぁ
と押さえた。アッハ アッハ。わたしのとっさの素晴らしさ。さあ、
まだちょごめない。杖か足の指で拾いあのコンビニのゴミ箱に捨
てるかな……・。脳が働く。さぁやろうかなぁ……。
 
 その瞬間のこと。
 
 この世の中、いい人がおられるもので、お年は、30~40代の
美しい女性が、さぁっと拾いコンビニのゴミ箱へ……。ニッコリと、
笑顔で私を見て去っていかれた。
 「ありがとうございます。」
 動きの悪い私がいらんことをしてて……。

 できもしない私がやっているのに、あーあ この日本 いいなぁ。
  ほんと いい人がおられ、出会い 嬉しい いい出来事でした。

        この世の中いいな

      いいひとっておられるよ
      知らないだけで いっぱい

      いい人っておられるよ
      ずぅと まわりを 見渡してみて

      ひとりのわたし
      先ず ご近所さんがいいわ

      わたし アホで馬鹿だから
      いつもにこにこしてるの

      みんな出会う人も
      笑顔になってくれてるわ

      笑顔に出会うとうれしくなるし
      怖い顔に合うとどーんと嫌だ

      どうしようもなくなるの
      落ち込んでしまう私だから

      誰に合っても
      笑っていたいな

      

‐ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 到知  2013・10 より
 夢は叶うもの
   叶うものと
     思い続けるもの    「心の宅急便」主宰 ヒロコ・ムトー

 70歳で絵を始め、88歳で豆人形作家としてデビュー、国内外で注目
を浴びた故マサコ・ムトーさん、講演などを通して、その前向きな生き方
と人間の可能性を伝え続けるご息女のヒロコさんに、お母様が残した言
葉を交えつつ、その人生を振り返っていただいた。
  いいところを抜粋します。

{ 物言わぬ馬鹿になりなさい}

 鉱山技師だった私の父は、松山藩の家老の血を引いて、よく言えばと
ても男っぽい人、半面、気位は高くワンマンで、「こらっ」と睨まれると、家
族は体がすくんでそこから何も言えなくなる。母に許された自由は週に一
回、日曜日に教会に礼拝に行くことだけでした。

 夫婦の会話は50年間、「はい」「そうですか」「そうですね」の三言だけ、
母は父からどんな理不尽なことを言われても「でも」とか「いいえ」と口答え
したことが一度もなかったといいます。というのも、母は結婚するとき、お姑
さんに、
 「この家の嫁になるならば物言わぬ馬鹿にならなさい」と言われて、それ
を50年間守り通すんですね。

 「私は馬鹿やったからね。馬鹿でいいんだったら楽やなと思って嫁に来
たんだよ」と、私には笑って話していましたけれども。
 それで私は小さい頃、結婚ほど理不尽なものはないとずっと思い続けて
いました。
ーー省略ーー
 母の残した言葉があります。

 「悪口を言うと十倍利子がついて返ってきます。払えないので言いません」

 「大したことじゃあない!大したことじゃあない!大したことじゃない!三度
唱えれば大抵のことはそうなります」

 「たいせつな涙は嬉しいときにとっておきませう」
 
 「諦めは弱さと人生に敗北です」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 あーあ、わたしには、とてもとても……。でもわたしも呪文の言葉がある。
 なんとかなる!なんとかなる!です。

  短歌

 なんとかなるなんとかなるは呪文の言葉なのですなんとかなるよ

 忍耐も我慢も大事だけどでもなんだってほどほどがいいなあ

        
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽