おばあちゃんのひとりごと

Entries

いくらメダル取っても傲慢で愛想の悪い人間は駄目ですね。

 昨日は、さらさらサラダにバイオリンニスト 古澤巌氏 が出演なされる
というので、楽しみにでかけてきました。生演奏を目の前で聴くことができ
て幸せな気持ちに満たされました。バイオリンって好きだわ。ありがたい。

     よく思うんだ

     なんでも大きい心で過ごしたいなぁ
     寛容な心を持ちたいなぁ
     そういうひとになりたいなぁ

     腹なんかたててたらもったいない
     暗い 嫌なことばかり考えるなんて嫌だな 
     だって 人生は一度なんだもんなぁ

     なんていうか
     心地よい日々を過ごしたいもの
     笑って 楽しい日々を過ごしたい
     
     なんていうか 愛というか思い遣りをいっぱい
     なんだよなぁ 優しさもいっぱい持って
     そういう心の人でいたいなぁ
  
     心掛けるんだけど
     なかなか ね。
     わがままだから

     傲慢って知らないうちになってる自分
     謙虚さをつい忘れてる自分いる
     ちょっと 私って 情けないわぁ

     でも いつも 心して 老いを生きてる

ーーーーーーー続きですーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     
 到知 2014・8 より
    筑波大学教授  村上和雄
    秋山木工社長  秋山利輝

 < 技術より大事なのは人間力>

 秋山  先ほど少しお話ししたとおり、僕は7年ほどでその頃、すでに大阪
      一になっていた親方のもとを自分から離れるんですね。22歳でし
      たが、いまの金額にして月に百万円稼げる職人になっていました。
      だけどリャカーで大阪の町を隅々まで回る中でいろいろな家具屋に
      出入りし、また優秀な職人に接しながら「世の中は広い」と実感する
      わけです。
       ある時思いきって「ここにいたら親父さんを超えられないし、日本一
      にもなれません。辞めさせてください」と申し出ました。随分止められま
      したが、僕は次に伊丹の家具屋に行くと決めていました。ここには名
      人と言われる人たちが十名揃っていて、自分の腕を試そうと思ったん
      です。収入は四分の一に減りましたけれども、一年でまた月百万円
      稼ぐプレイーヤーになりました。その会社の膨大な借金を返して、ご恩
      に報いることがもできました。

       その頃 杉並の会社、そして次に、勤めた大手デパートの特注家具
      部門の仲間とともに神奈川の川崎に秋山木工を立ち上げたのは昭和
      46年の話です。

 村上  環境が変わると、遺伝子のスイッチがオンになるといいますが、秋山さ
      んのお話はそのことを証明してますね。僕自身のことを振り返っても、若
      い頃研究室でお世話になった先生のもとを離れてアメリカに行った経験
      は大きかったと思います。あのまま日本に残って恩師の元で仕事をして
      いたら、今日の僕はないでしょう。

ーーーーーーー省略ーーーーーーーー

 秋山   僕は普通に家具が作れる職人をつくりたいとは思っていません。
        なぜかというと、これまで僕は物だけ作って威張ってばかりい職人を
       たくさん見てきました。自分勝手な職人の世界はいつか滅びるなと思
       ていましたが、実際にそうなりつつあります。

        それだけに、僕は職人としての腕だけでなく人間的に優れた人。
        腕だけででなく人間的優れた人。
        お客様から注文をいただいたら「はい、分かりました。喜んで作らせて
       いただきます」と謙虚にお受けして、しかも誰にも負けない素晴らしい家
       具を作れる人を育てたいと思っています。物だけができても、そこに心が
       込められないようではお客様にご満足いただくことはできません。

 村上   技術より人間力が上だと言うことですか。

 秋山   それは確信を持って言えます。うちの給料の判定基準も60パーセントは
       人間力なんです。いくらメダルを取っても、傲慢で愛想の悪い人間ではダ
       メですね。それよりもコツコツと仕事をする人間を評価します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  短歌

     傲慢になっているのも気ずかずにあるときハッとしいま老い生きる

     謙虚であるが大事と知りつつも知らずに忘れ老いを生きてる

     アッハアツハ大笑いひとり誰もいず泣いて笑って元気に老いる

     ベランダに出るがすっかり怖くなる圧迫骨折なった夏の日



      
     
     
     
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽